木の家づくり日記

鹿沼市の新築住宅

鹿沼で新築中のお宅。台風19号の影響が心配であったが、氾濫した河川からわずか数メートル標高が高かったおかげで、何事もなく無事に済んだ。台風が来る前日、小曽根大工さんには建物をしっかり養生していただいたこともあり、本当にありがたいことであった。

鹿沼市内の新築現場

平成15年に開業以来、16年目にして初めての鹿沼市工事。北は那須塩原市や大田原市から南は小山市や真岡市、それに足利市まででも手掛けていたのに、日光のお隣である鹿沼市が今回初めてというのは不思議であった。だからとても嬉しく思っている。

細かな仕様に至るまで、建て主さんとはしっかり打ち合わせ済みである。間取りも、とても使いやすくできたと自負してる。工事はまだまだこれからであるが、今から完成が楽しみだ。

ところで、今回の台風19号は各地で大きな災害をもたらした。現在新築中のここ鹿沼市内も例外ではない。痛ましい事故も起こってしまった。心からご冥福をお祈りしたい。また、一日も早い復興を願いたいと思う。

鹿沼市内某所。大風19号による河川の氾濫で冠水した町の様子。
2019-10-15 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

有意義な完成見学会でした

 今回の完成見学会には、日光市、鹿沼市、宇都宮市から5組のお客様がご来場になりました。お陰様で皆様には、大変ご満足いただけたようでした。

 『とても素敵な家ですね。また打合せを再開したいので宜しくお願いします。』『土地を探してお願いしたので、宜しくお願いします。』などというお声をいただき、本当に嬉しく思っております。ご契約をいただいたばかりの方にも、とても参考になったようで、いくつか今回のお宅様の仕様に変更を希望されたものもあります。

キッチンのほうからリビングを見る
高台から望む田園風景が素晴らしい
キッチンの窓から望む景色も・・・
ご覧の通り!

 変更を希望されたお客様の家も、もともと仕上げ等で共通するところは多いのですが、たとえばこの、キッチンの壁。

AGC ラコベル
AGCのラコベル

 部屋全体の壁は漆喰塗ですが、今回のお宅のクッキングヒーター周りの壁には、ラコベルというカラーガラスを初採用。今回は珍しくキッチンが対面式ではないので、漆喰壁の上に透明ガラスを貼ったような効果をもたせたく、このような設計になりました。これから建てるに当たり、これをとても気に入ってくださって、レンガ調タイル貼りから変更になったのです。

キッチンがリビングと対面式ではないので、リビングからキッチンが直接見える

 床もそうです。たいていのお宅の床板は、私の自宅と同じパインの節有り材を標準としてお勧めしているのですが、今回のお宅同様、ヒノキの無節材に変更を希望されたのでした。

床板は、ヒノキの無節材

 洗面化粧台の脇の、このタイルも気に入っていただきまして・・・。本日の再確認メールのやり取りの中で『楽しい見学会』と評してくださったのが、とて嬉しかったです (^^) 本当にありがとうございました。

マリストタイル フレック
マリストタイルのフレック01番

 今回、完成見学会を開催させていただいたお客様は、私が16年前に独立・開業して最初にお仕事をご依頼いただいた方です。当時、築28年の家を温かい家に大改造させていただいたのでしたが、今回、同じ敷地内にコンパクトな平屋住宅を新築させていただいて、本当に感謝・感激です。
 ご家族は専業農家を営んでおられ、リンドウの花を作っています。なんと、ありがたいことに今回、完成見学会にお越しになられたお客様のためにと、リンドウの花束を用意してくださったのでした。

 本当にありがとうございましたm(_ _)m

これまで多くの皆様に支えられて今日までやってこれました。16年目の今年は別館の新事務所も完成し、ますます頑張っております。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

別館事務所の仕事風景
2019-07-22 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

日光市平屋住宅 完成見学会会場の近況

※ この見学会は終了しました。

いよいよ明日から見学会です。会場は綺麗に完成しました。ご予約のお客様、楽しみにお待ち申し上げております。

2019-07-19 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

7月21日、22日 栃木県日光市 新築平屋住宅の完成見学会

※ この見学会は終了しました。

7月 20日(土曜日)、21日(日曜日) の二日間、建て主様のご厚意により、日光市内にて新築平屋住宅の完成見学会を開催いたします。 渡辺建築工房の最新の家づくりを是非、御体感ください。完成見学会は完全予約制です。場所は、日光市板橋(渡辺建築工房から車で5分未満)詳細な場所は、ご予約いただいた方にのみ直接、御案内させていただきます。お申し込みは『こちらのページ』からお願いします。希望の日時が重複して御希望に沿えない場合がございます。可能な日時を複数いただけますと助かります。

【今回のお宅の主な見どころ】

・外壁杉板貼り、内壁しっくい塗り。景観に調和したモダンな家
・吹抜けの杉板貼り勾配天井
・居間からウッドデッキ越しに見る景色。見晴らしが最高に気持ち良い
・あえて対面ではないキッチン。IHのコーナーはデザインガラス貼り
・臭いを全くリターンしない熱交換換気システム
・新しいセントラル暖冷房方式 床置き型で薄いパネルのECOシステム
・高断熱高気密 断熱性能を一段とアップ
・エクセルシャノン樹脂サッシ 南面:断熱ペアガラスLo-Eアルゴンガス入り、東西北:遮熱トリプルガラスLo-Eアルゴンガス入り
・その他見どころ満載

渡辺工房での家づくりに関心のある方、ぜひご覧ください。

■ 7月20日(土曜日)
 ・この日の見学会は終了しました
■ 7月21日(日曜日)
 ・この日の見学会は終了しました

先住民の家?(笑) これを許す施主さん御家族の愛情が美しいですね。
吹き抜けた天井に杉板貼りのリビングを見る。
提携コーディネーターさんによるカーテンの御提案風景!
2019-07-10 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

渡辺建築工房ANNEX(別館)の業務開始

令和元年の本日5月30日。渡辺建築工房は、別館事務所(ANNEX)をオープンしました。遠方ではありません。道を挟んだ斜め向かいの家を改築(リノベーション)した建物です。

向かって右側が住居を兼ねた渡辺建築工房の建物。左側が別館事務所(ANNEX)

改築(リノベーション)前の建物は、Google mapのストリートビューで、今でも見ることができます。

改修(リノベーション)する前の建物外観
改修(リノベーション)後の外観

リノベーションによって大きく姿を変えました。元の姿がまったく想像できないほどの変化ぶりです。室内も大きく姿を変えています。杉材をふんだんに使ったインテリア。渡辺建築工房が実際に新築・リフォームする際のイメージをよくわかっていただけると思います。この建物は、追って詳しく紹介させていただきます。広葉樹の森にかこまれたような雰囲気づくりなど、植栽もまだこれからとなりますので、全体の本当の完成時期は夏から秋にかけての頃となります。

ANNEX(別館)の作業空間

ネット環境の構築など、設備やら備品の更新なども含め、しばらくは新旧・両方の建物で運用しますが、今後のメインはこのANNEX(別館)となります。令和元年最初の月にオープンしましたANNEX(別館)。今後ますます精進・成長してまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

2019-05-30 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

左官壁塗り体験を希望される方、ご一緒にいかがですか?

 5月下旬に、渡辺建築工房の別館(アネックス)がオープンします。創業から16年、最初は自宅の一室からスタートしました。その後、スタッフも加わりプチ増築もしましたが、手狭であったことは否めませんでした。この度ご縁があって、すぐ向かいの建物を中古で譲り受けることになりましたので、リフォームして新しい仕事場とすることにしました。

 目下、改築工事が進行中です。床材や階段材、造作材などには杉板を多用した空間となっています。 壁仕上げには白い漆喰を ほんの少しだけ黄色を混ぜて塗りました。

 本題の、壁に左官塗りのご案内です。2階の畳部屋となる休憩室があります。こちらの壁を自分たちで塗ろうという計画です。

 下の写真は自宅の2階和室。16年前の建築時、私と妻と二人で頑張って仕上げた京壁です。プロのように平らにきれいに塗れないことは分かっていましたので、塗った直後にスポンジを横に擦って風情を出そうと試みたのでした。プロと違って塗るのが遅く、まだらになっていますが、そのまだら模様がかえって功を奏して味わいのある壁になったのが驚きでした。この壁、きっとどこにもない雰囲気を醸し出していると思います。今回も、同じ壁を作りたいと思います。

 アネックス(別館)の2階の畳部屋。こちらが今回、左官塗りをする部屋となります。16年前と違って今回は、とても面倒な下塗りをプロの左官屋さんにやっていただきました。仕上げ塗りだけなので、気楽に楽しくできそうですね。

 この部屋には吹抜けに面した窓があります。写真でわかるかと思いますが、とても急勾配の天井です。

 この部屋は北西の角にあって、西側窓からの眺めも良いです。今は、新緑が目に染みるように美しく、まるでリゾート地にいるかのような感覚です。日頃から見慣れた景色も、見る角度を変えると全く違う場所に見えるところが面白いということを再発見しました。

 同じ窓からの眺め。視線を北に移しますと、渡辺建築工房の本館が見下ろせます。とても快適な作業空間ですよ。

 5月6日(月曜日、連休最後の日)の午後2時からと、5月7日(火曜日)の午前10時から塗り作業を行います。一緒に左官壁を塗ってみたい!という方、汚れても支障のない服装で是非お越しください。お電話(0288-27-0155)またはメールフォームからお申し込み下さい。

2019-04-28 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed