木の家づくり日記

畳の採寸

鹿沼市某所。昨日、先の大雨で床上浸水された方のお宅で、新規の畳を設置するための採寸を行いました。畳屋さんから色々な種類の畳をご説明していただいた中で、少しでも丈夫で長持ちするものを選んでいただきました。畳屋さんの御厚意で、被災された今回のお宅様には通常の2割引きでご提案させていただけくことができました。

2015102215210000

2015-10-23 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

篠原大工さんも奮闘中

薄ベニヤを使ってカーブを作った大工さん。建て主さんと考えた脱衣室の棚づくり。

私が依頼した形を忠実に作るべく、棚の一部が曲線になるので、そのための型板づくりをしているところでした。復活した篠原大工さんが奮闘中です。

2015102209480000

『若い者(小曽根さん)には負けね~ぜ』などと考えているかどうかは分かりませんが、昔はなかったような造作加工にも頑張ってますよ~。

2015-10-23 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

着々と進んでいます

大工さん手作りのところが多い宇都宮の家ですが、着々と進行中です。

2015100908300000

 

たとえばこんな飾り棚も、微妙なカーブと面取り。間近に見るとなかなか味わい深いんですよ。

2015100908150000

 

2階の方では大工の篠原さんが元気に復活。建て主さんにはご心配をおかけしました。

2015100908320002

 

外壁モルタル下地工事まで無事終了です。

2015100908370000

 

完璧に真ん丸ですね。

2015100908370001

2015-10-09 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

外壁下塗り

外壁のモルタル下塗り(第一回目)を施工しました。

DSCN5419

2015-09-25 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

和室の天井

久々の更新で申し訳ございません。

こちらの和室ですが、ちょっと変わった趣向です。一見すると普通の格天井(普通といっても、大工さんの手加工の技が映えていますので普通ではありませんが)周囲に板を張り巡らせています。中央の広いところには四角い照明器具を設置し、伝統的だけどモダンな雰囲気の和室にしたいと考えてつくりました。

DSCN5375

2015-09-25 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

ロフトへの階段

2階のロフトへ上がるための階段が出来ました。ストリップ階段といって、踏み板と踏み板の間が空いていて開放的な階段です。

DSCN5271

 

長さが3メートルを超えるササラ桁(階段の横板)誰が登っても、ホンの少しの歪みも認めない骨太な階段が出来ました。豪快ですよ!

DSCN5275

2015-09-03 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed