木の家づくり日記

車庫小屋

車庫小屋は大工さんが入ってから二日目の夕方ですが、ここまでできました。入口のひさしの下地が整然として美しいですね。

車庫小屋

 

屋根も「たて平葺き(たてひらぶき)」という葺き方を採用しました。とてもゆるい勾配でも確実に雨仕舞ができる葺き方です。軒先も、原田板金さんの律義さが出ていますね。これは恰好いいですねえ。住まいの建物でも、いつの日かぜひ、葺いてみたいものです。

車庫小屋

 

夕暮れ。さすがに空気が冷たいです。小曾根大工さん、遅くまで黙々とお疲れ様でした。

車庫小屋

2014-01-31 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

土間コンクリート打設の日

宇都宮市内。今日も快晴。ですが、風がとても強いですね。砂埃が舞い上がって大変です。そんな今日、予定通りに土間コンクリート打設の日を迎えました。

コンクリート打設の日

 

コンクリートミキサー車から圧送ポンプ車にコンクリートを流し込みます。そして、ポンプで圧送されたコンクリートは、ホースの中を流れて先端へ!

コンクリート打設の日

 

ご覧のとおり、長く伸ばされたアームの先端までコンクリートが届くという訳です。

コンクリート打設の日

 

圧送ポンプを操縦する池田社長。とてつもない重労働です。

コンクリート打設の日

 

地鎮祭の時に神主さんから預かった鎮め物。直径13ミリの鉄筋を15センチ間隔で組み上げた鉄筋の下、建物の中央に添えました。まもなく、コンクリートで見えなくなります。

コンクリート打設の日

 

あれっ、もうコンクリートがなくなっちゃったの?次の車は?

コンクリート打設の日

 

次のコンクリートミキサー車が来るまでの間に、少しでも打設できたところの仕上げをしようかな・・・。

コンクリート打設の日

 

と言っている間に、もう次のコンクリートが運ばれてきました。すべてのコンクリート打設が終了するまで、息つく暇もありません。

コンクリート打設の日

2014-01-31 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

新築お宅の基礎鉄筋・配筋検査

今月、着工したお宅の基礎工事。基礎の鉄筋の組立顔終了しました。設備班管の貫通も滞りなく終わりました。

配筋検査

もう、あの遺跡?の雰囲気は全くありません(笑) 現代建築の基礎工事現場であります(^^)

配筋検査

今日は瑕疵担保責任保険の検査員さんによる、配筋検査の日です。お約束の10分前に到着したところ「現場は見終わりましたよ、問題ありませんね。」ということでした(^^;)

配筋検査

明日のコンクリート打設に向けて黙々と作業中。寒い中お疲れ様。どうもありがとうね。

配筋検査

2014-01-30 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

小屋の建て方

今日はご近所さんで小屋の建て方・上棟の日。小曾根大工さんによる手刻み部材が設置されました。

小屋 建て方

 

機械式プレカット部材とは違って、味わいがありますねえ。

小屋 建て方

 

抜けるような青空! 今日は午後から雨が降る予報だけど、本当に降るのだろうか?と疑問に思う位に気持ちの良い青空でした。

小屋 建て方

 

※ 午後、追記

上棟後の様子。写真を撮ったときは午後2時半。ポツポツと小雨が降ってきました。

小屋 建て方

大したことないっ!やるぞおぉ~っ! 気を付けて作業してくださいね。お疲れ様です。

小屋 建て方

2014-01-30 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

33センチ角のイタリア製磁器質タイル

33センチ角のイタリア製磁器質タイルは、ここ数年来の渡辺建築工房の定番メニューとなっています。さすがに30センチ近くのサイズともなると、見た目の高級感!が違います。輸入材ではあるのですが、もう何年も日光市内各所を含めて耐凍害性は実証済みですから安心です。しかも、滑りにくいテクスチャーでかつ汚れにくい色のものをお勧めしています。

イタリア製33センチ角タイル

 

内部の仕上げも終わり、設備機器の取り付け等に移行しています。エアコンやカーテンレール等も取り付けられました。写真を撮りませんでしたが、便器や洗面化粧台なども設置作業を行いました。

エアコン カーテンレール

 

外部では、エアコンの室外機やエコキュートなどの設置作業。今日も空気が冷たいです。お疲れ様です。

エアコンの室外機設置工事

2014-01-28 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

ポーチへのタイル貼り準備中

新築宅の玄関ポーチに、イタリア製33センチ角タイルを貼るべく、左官屋さんが準備中です。右の職人さんは、下地となるモルタルを機械でかき混ぜ製作中。左の職人さんは、接着モルタルを回転マゼラーで製作中。

イタリア製 ポーチタイル

間もなくタイルを並べる作業に入ります。重いタイルを運ぶ職人さん。1枚が33センチ角で、厚みが1センチだと、重さはどれくらいになるのかなあ?それが1箱で11枚重ね。私も運んだことがありますけど、とにかく、重いんですよ。お疲れ様です。・・・割り付けも確認し、あとはよろしくお願いします!

イタリア製 ポーチタイル

2014-01-27 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed