木の家づくり日記

仕事納め

先日、建て方・上棟したばかりの日光の家。年末年始のために必要な作業を綺麗に行ってくれました。雪にもめげず、屋根防水工事まで完璧に仕上げてくれました。

 

内部も綺麗に片づけられました。小曾根大工さん、いつも丁寧に本当にありがたいと思います。

 

風雨や雪などが吹き込まないように、壁もブルーシートでしっかり覆いました。

 

建て方・上棟からまだ三日目ですが、しっかり養生していただきましたので、安心して年末年始を迎えられます。

 

一報で、大工工事が終了した宇都宮の家では、内装仕上げ工事に入っています。写真は、酒井塗装さんが壁塗りのための下地処理作業をしてくれているところです。新採用の素材である、セラミック塗料仕上げとなります。先日、建て主さんと現場で色見本を比較検討し、素敵な色に決まりました。今から仕上がりがとても楽しみです。

 

外装工事もすべて完了し、足場が解体されました。年が明けたら、引き続き内装工事と外構工事が続く事になります。

2017-12-29 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

上棟!

日光の家。前日の雨がウソのような快晴。大型クレーンも出陣して建て方が行われました。

 

午後2時過ぎには無事に上棟しました。

 

林立する、宇大ヒノキの柱。宇大ヒノキとは、宇都宮大学農学部の塩谷町船生(ふにゅう)演習林で生産されたヒノキ材の事です。宇都宮大学農学部が、教育と研究を兼ねて、それはそれは手間暇かけて育てた、とても良質なヒノキ材。2年半前の春、渡辺建築工房が出荷第1号の住宅を建てさせていただくという栄誉に恵まれたのが昨日のように思い出されます。今後、あまり数が出ないというお話もあります。運よくこの材を使う事ができたお客様は幸運!です。

今回も、小曾根大工さんの親しい仲間の大工さんが集まって建て方を行ってくれました。遠くからは栃木市からも。事故渋滞にもめげず、宇都宮市の清原から2時間もかけて駆け付けてくれた大工さんもいました。みんな、いつもて助けてくれるメンバーです。皆さん、それおぞれの仕事で忙しい年の瀬のこの時期に、とてもありがたく、感謝してもしきれません。大工さん同士で助け合うありかたは素晴らしいですね。本当にありがとうございました。

2017-12-27 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

日光の家

日光の家。基礎が完成しました。大工さんも宇都宮の家での作業がほぼ終了し、日光の家の土台敷きを行いました。いよいよ建て方ですね。

2017-12-24 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

外壁サイディングなど

宇都宮の家。大工さんの工事もいよいよ終盤となりました。小曾根大工さんの本領発揮、細かな造作加工が続きます。

 

 

 

屋外では、外部サイディング貼りの工事が始まりました。今年は夏から秋にかけてが天候不順で、外壁屋さんもとても大変な思いをされたようです。施工力があり信頼できる外壁屋さんですから、都合がつくのを待っていました。とても有難いことです。

 

 

 

2017-12-07 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

木の使い方視察

木を最新のエンジニアリングに基づいて、魅力的に設計された実例を視察する研修に行ってきました。いずれも栃木県内。とても勉強になりました。

 

 

 

 

2017-12-06 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

基礎鉄筋の検査

日光の家では基礎鉄筋工事が完了し、設備屋さんによる配管工事と、電気屋さんによるアース工事が行われました。

 

その後、瑕疵担保責任保険の検査員による鉄筋検査が行われました。図面及び書類の確認と、主な納まりの寸法確認が行われました。無事に合格し、明日は土間コンクリートの打設工事になります。

 

 

2017-12-06 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed