木の家づくり日記

軒先の雨仕舞い(あまじまい)

宇都宮のお宅の屋根。ガルバリウム鋼板のたて平葺き工法。シャープでスッキリしたデザインがとても素敵です。ちなみに頂上部に出っ張っている部分がありますが、棟換気といって、屋根裏の空気を抜くことにより、熱射や湿気から屋根裏を保護する役目があります。

2016012008490000

 

軒先部分。先端がきれいに並んでいます♪

2016012008490001

 

その軒先部分なのですが、『軒先水切り』と呼ばれる板金です。ここに、いつも板金工事をお願いしている原田さんのノウハウが生かされています。次の拡大写真でご説明いたします。

2016012008500000

 

次の写真図解のように、先端を外側に折り曲げて、流れた雨水が雨樋の内側に漏れ出ようとする勢いを限りなくゼロに近づけるために、このように先端の下側を外側へ折り曲げているのです。原田さんが、長年の現場経験から考えたアイデアです。ですので、どこの教科書を探しても、ここまで考えた納まりを見たことがありません。

2016012008500000-1

最近はデザインを重視するために、屋根の軒の出が極端に少ない建物も多い中、軒の出が壁から75センチもある軒先ですら、ここまで考えてくれる原田さんに感謝、感謝!

2016-01-21 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

気密測定

本年も宜しくお願い申し上げます。現場は6日から始まっております。今日は気密測定を行いました。いつものように骨組み段階での測定です。しかも、断熱施工前の躯体段階での気密処理を行いました。

小曾根大工さん、期待の応えて頑張ってくれました。満足のいく数値を出すことができました。大変お疲れ様でした。

2016011513410001

 

2016010809140000

 

2016010810520000

2016-01-15 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed