木の家づくり日記

地鎮祭 今度も宇都宮市内

先日の日曜日、地鎮祭を行いました。今度の新築宅も宇都宮市内です。建て主さんは、とてもお若い新婚ホヤホヤさんです。まだ20代なのですが、『シッカリ度』は私の若い頃に置き換えると30歳半ばかなあ。すっかり感心してしまいました。負けました~(笑)

DSCN5514

神主さんもとても若い方で、岩崎神社の禰宜さんです。お父様の宮司さんと二人三脚の岩崎神社さん、昔から何かとお世話になっております、今日も遠いところ来てくれたのでした。じっくりと、丁寧に、とても心がこもった地鎮祭をしていただけました。本当にどうもありがとうございました。

現場は道路が狭いので、ご近所さんに迷惑にならないよう駐車場をお借りしたのですが、駐車場の地主さんの住まいが渡辺建築工房から近いのが驚きでした。急なお願いになってしまったのもかかわらず、わざわざ現場に駆けつけてくださいました。この事も、とても嬉しかったことでした。

2015-10-23 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

畳の採寸

鹿沼市某所。昨日、先の大雨で床上浸水された方のお宅で、新規の畳を設置するための採寸を行いました。畳屋さんから色々な種類の畳をご説明していただいた中で、少しでも丈夫で長持ちするものを選んでいただきました。畳屋さんの御厚意で、被災された今回のお宅様には通常の2割引きでご提案させていただけくことができました。

2015102215210000

2015-10-23 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

篠原大工さんも奮闘中

薄ベニヤを使ってカーブを作った大工さん。建て主さんと考えた脱衣室の棚づくり。

私が依頼した形を忠実に作るべく、棚の一部が曲線になるので、そのための型板づくりをしているところでした。復活した篠原大工さんが奮闘中です。

2015102209480000

『若い者(小曽根さん)には負けね~ぜ』などと考えているかどうかは分かりませんが、昔はなかったような造作加工にも頑張ってますよ~。

2015-10-23 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

着々と進んでいます

大工さん手作りのところが多い宇都宮の家ですが、着々と進行中です。

2015100908300000

 

たとえばこんな飾り棚も、微妙なカーブと面取り。間近に見るとなかなか味わい深いんですよ。

2015100908150000

 

2階の方では大工の篠原さんが元気に復活。建て主さんにはご心配をおかけしました。

2015100908320002

 

外壁モルタル下地工事まで無事終了です。

2015100908370000

 

完璧に真ん丸ですね。

2015100908370001

2015-10-09 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed