木の家づくり日記

階段

1階床の施工が終わっていたので、階段を設置することができました。今回は、いつもよりゆったりめに設計することができました。

2015082909300000

2015082909290001

2015-08-31 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

ユニットバス

2階のユニットバスを施工し始めました。2階に施工するのは2回目です。重量がありますので、架台はもちろんのこと、架台を支える梁も大きなものでしっかりと支えています。

P1010541

2015-08-25 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

杉の床板

杉の無垢床板は厚さ20ミリ。リビングスペースにはなるべく節の少ないものを使用し、そうでないスペースには節がある板を貼りました。節が少ないのもいいですが、たくさん節があるのもまた風情があります。やはり本物はいいですね。杉の床板は、素足で歩くのには最高の感触です。人間にとてもやさしい床板。大好きです。

P1010545

2015-08-25 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

収蔵庫

膨大な資料を整理するための収蔵庫。ロフト付き。杉の無垢板で階段をつくったり、基礎コンクリートを化粧カバーしたりしました。明るくて開放的な収蔵庫になりました。
P1010534

P1010536

2015-08-25 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

階段の手刻み加工

栃木県産材の杉板で階段を手刻み加工。2階のリビングからロフトに上る階段です。のみを上手に使いこなす小曾根大工さん。

DSCN5177

こんな道具も使いこなします。こんな道具を持っている大工さん、栃木県に何人いることやら?

DSCN5165

1階の台所には、温水床暖房パネルが設置されました。

DSCN5162

2015-08-20 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

トップライト

2階リビングの勾配天井が連続する空間のロフト。トップライトを設置しました。デンマークに本社を置くベルックス社製。精密な機能と耐久性を要求される建材としては、海外の製品としては唯一採用しているものです。

なにしろ屋根に窓を設置するのですから、万が一の際のリスクはかなりのダメージがあることは容易に想像がつきます。例えば某超一流国内企業品などは、性能が宜しくないうえに現在は製造中止でユーザーが困っているという例も目の当たりにしているので尚更です。

DSCN5173

そういう意味で、国内類似品よりも性能が高く、私は12年の採用実績からも品質とアフターに対する信頼感を持っています。アフターに対して信頼している理由は、実際の不具合体験によるメーカーの日本代理店さんによるフォロー経験(12年間で2回)と、自動車メーカーのようにリコール情報を積極的に公開していることに好感を持っているからです。

ちなみに2回の不具合とは、どちらもオプション設置のロールスクリーンに関することでした。サッシ製品本体に起因する不具合は経験しておりません。

DSCN5171

板貼りの天井ですから、窓への折り上げ部分も板張りにしました。12年前に建築した渡辺建築工房の板貼り天井にもトップライトがついていますが、折り上げ部分はボードに漆喰塗でした。今回の方がカッコいいかもしれませんね(^^;)

2015-08-20 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed