木の家づくり日記

外壁左官工事

宇都宮のお宅の外壁左官工事。モルタル下塗りを終えて、次は中塗りの工程です。なんと、女性も頑張ってくれています!

DSCN3802

 

ベテランさんが、追っかけ塗りで仕上げてくれます。

DSCN3804

 

ゆっくりと。丁寧に。ありがたいことです。

DSCN3807

2014-10-08 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

宇都宮のお宅の和室まわりの造作仕事

小曾根大工さんによる和室まわりの仕事ぶりをご紹介。いい仕事してますねえ!

DSCN3799

 

床柱は、香節(こぶし)という木の皮付き丸太です。茶室などに好んで使われることが多い木です。

DSCN3800

 

長押(なげし)の端部の納まり。見る人が見ればわかるという丁寧な施工なんですよ。

DSCN3810

 

天井の網代(あじろ)と無双(むそう)

DSCN3812

 

鴨居と鴨居が化粧柱に納まっている様子。まさしく気を抜けるところがない納まりですね。

DSCN3830

 

長押を加工中の小曾根大工さん。あと数日で、大工工事のすべてが終わります。お疲れ様です。

DSCN3815

2014-10-08 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

無垢の床板

大田原のお宅。パインの無垢床材を貼っています。化粧のカラーフロア材とは違って、大工さんにとっても施工のしがいがある(笑)床材なんですよ。貼った先からすぐに養生(※ようじょう:傷つけたりしないように保護材で覆い隠すこと)してしまいますから、初めて全体を見渡せるのは、完成後のクリーニングの時になります。その時が今から楽しみですね。

DSCN3835

2014-10-08 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

笑顔の佐藤大工さん

大田原のお宅を一人で黙々と大工仕事に精を出す佐藤大工さん。天井の石膏ボードを貼っているのですが、笑顔がさわやかですね!実をいうと、ちょっと面白い会話を交わしたときの瞬間を捉える事ができたので、ついつい、日記に載せたくなってしまった、ただそれだけだったのでした(^^;)

DSCN3791

2014-10-02 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

大田原の家でも気密測定

外壁のサッシのところに設置した気密測定の機械。骨組み状態のうちに測定することで、漏れ箇所を漏れなくチェック!隙間相当面積C値=0.6cm2/m2になりました。これで、今後は仕上げ工事に進んで骨組みが隠れてもも大丈夫という訳です。

DSCN3773

2014-10-01 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

外壁と神棚

意味深なタイトルで失礼しましたが特に関連があるわけではなく、外壁のモルタル下塗り(1回目)が終了した写真と、小曾根大工さんが神棚を作ってくれた写真を紹介したかった、という訳なのでした(^^;)

DSCN3761

 

小曾根大工さん特製の神棚。壁の低い位置に、手の届く高さで、しかも雲形もしっかりとという建て主さんのご要望を受け、小曾根さんの完成で腕を振るってもらう事にしたのでした。とても立派に出来ました。

DSCN3764

 

神棚を作るための『型紙』ならぬ『型ベニヤ板』(^^)

DSCN3766

2014-10-01 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed