木の家づくり日記

地鎮祭(大田原)

去年の暮。私が高校生時代に部活動(陸上競技部)で大変お世話になった恩師から電話がありました。曰く「息子が家を建てたいからヨロシク!」との事。話が順調に進んで今日の日を迎えることができました。

DSCN2607

今朝方、大雨で目が覚めてしまい、ちょっと大変そうだなあと思いましたが、地鎮祭が始まる頃には写真でおわかりのように抜けるような青空!こんな青空を見るのは久しぶりの事ですし、本当にサプライズと言いたいですね(^^)とても素晴らしい地鎮祭日和でした。

2014-06-29 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

キッチンタイル

キッチンにタイルを貼りました。う~ん、ビューティフル!こういうところにレンガ調タイルを貼りたいとチャレンジしてくれた奥様に拍手!ですね。それにしても素敵です。

DSCN2591

 

もちろん、予定通りに足場は解体されておりました。左官屋さんは、外壁を塗ったり、内壁を塗ったり、ポーチタイルやらキッチンタイルやら、それに洗面所のモザイクタイルも貼ってもらいます。お仕事てんこ盛り!です。

DSCN2586

 

DSCN2603

2014-06-28 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

足場解体?

今日の昼前後には足場を解体する予定だったので、午後早い時間に荷物(キッチンに貼るタイル)を届けがてら行ってみたのですが、足場屋さんがまだ来ていませんでした。せっかく楽しみにしてたのに~(涙)

DSCN2574

 

居間の隣の和室。京壁塗り。藤川建材の亜麻色という色。「いや~、いい色だねえ。」と木舘左官の親方。

DSCN2560

 

居間の方は、珪藻土の下塗り状態。この下塗り材は、いつ見てもグレーで寒々しい色です。

DSCN2558

 

2階の書斎から仕上げ塗が始まっていました。造り付けの本棚が狭くて塗るのがとても大変!特に天井との境目がとてもやりにくそうで見るからに嫌らしい!反省。今度は、少しやり方を考えなおしますので許して下さいと伝えて退散してきました(笑)

DSCN2579

 

明日こそは足場のない状態を見ることが出来そうですね。それまでの楽しみとしましょう。

DSCN2570

2014-06-27 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

屋根瓦

大屋根に葺いた屋根瓦。軒先には雪止め金物が付きました。

DSCN2532

 

軒先からの眺めが壮観!ですね。

DSCN2533

2014-06-26 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

吹抜け手摺にロートアイアンを設置など

吹抜け手摺のロートアイアン。木の枝をモチーフにデザインしました。

DSCN2505

 

素敵ですよね(^^)

DSCN2504

 

玄関ポーチからテラスへと連続する床タイルも貼り始めました。イタリア製の33センチ角タイルです。

DSCN2507

 

木舘左官の親方。タイルは、ただ平らに貼っているのではありません。パッと見では分からないぐらいの微妙な勾配をとっていて、台風などで吹き込んだ雨をスムーズに排水するように考えてあります。

DSCN2508

 

ポーチ柱の根元。いい仕事してますね~!

DSCN2513

2014-06-24 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

外壁に砂漆喰塗り

たっぷりと養生期間を経た外壁のモルタル。いよいよ、仕上げとなる砂漆喰を塗るときが来ました。まずは大きな攪拌機で材料を作るところから。作っているのは親方の木舘さん。

DSCN2449

 

作った材料をバケツにとり、作業場へ運びます。

DSCN2455

 

割りと濃い色のように思うでしょう?でも、乾くと淡いクリーム色になります。想像以上に白っぽくなるんですよ。

DSCN2461

 

塗ったあとに、櫛引き(くしびき)します。砂の混じった漆喰ですので、櫛目(くしめ)とゴツゴツ感による独特な風合いを作っています。

DSCN2463

 

数日後の完成状態が楽しみです。

DSCN2465

2014-06-20 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed