木の家づくり日記

2013年9月8日(日)完成見学会のご案内(※この見学会は終了しました)

さくら市内(旧喜連川町市街地から車で5分程度の分譲地内)で建築中のお宅。建て主さんのご厚意によりまして、完成見学会を行います。

2013090314210000

9月8日(日曜日)、1時間刻みの完全予約制です。限られた時間内ではありますが、しっかりとご案内させていただきます。

下記の空き時間帯から、ご希望の時間帯をご指定下さい。(念のため、第二希望などもお知らせいただけると幸いです) 予約は、お問い合わせのページから お願いします(既に接点がある方は、もちろん直メールでも構いません)

  • 午前9時~:予約済みです
  • 午前10時~:予約済みです
  • 午前11時~:予約済みです
  • 午後 0時~: OBさんウェルカムタイム
  • 午後1時~:予約済みです
  • 午後2時~:予約可能です
  • 午後3時~:予約可能です
  • 午後4時~:予約済みです

※ お昼の12時から1時までは、渡辺建築工房で既に建ててくださった方限定でのウェルカムタイムとします。見学会を完全予約制にした場合、見てみたいというOBさんがいらっしゃっても遠慮して予約されないだろうと思い、こんな時間を設けさせていただきました。最初の15分程度は私がお弁当を食べていると思いますので、その間はそれを横目に?ご自由にご覧いただくということでも良ければ是非、遠慮なく見に来てくださ ♪(見学ご希望者にのみ、案内図をお送りいたします)

2013090314230000

外観は、杉の無垢板貼りと砂漆喰仕上げ。

1階はご夫婦お二人が生活するのに必要にして十分なだけのミニマルな間取りです。

そして2階はというと、外観から想像できるように、いわゆる小屋裏部屋なのですが、ちょっと想像できないような豊かな空間が広がっているんですよ。

 ・2組の家族連れが泊ることができます。
 ・星空を眺めることができる、ゆったりとしたレストリーム。
 ・洗濯ものを干したまま出かけても絶対に安心できて、しかも別荘風のカッコいいベランダ。
 ・そして、そして、なんと広さの合計が9畳にもなる物入れが・・・。もちろん固定資産税がかからない物入れとなっております。

今回の建物は、とても素敵なリゾート風。是非是非、お出かけください。予約は、お問い合わせのページから お願いします。
ご予約いただいた方にのみ、追って現地案内図をお知らせ致します。
※予約のバッティング状況によっては、お時間の調整をお願いすることがあります。どうぞ、ご了承ください。

 

南側のテラス空間。幅9尺の大型掃出し窓はリビング。そして、手前側の小窓は対面キッチンの窓です。南側のテラスを眺めながらの快適キッチンです。

2013090314220002

テラスの見上げ。まるでカフェテラスのような珠玉の空間ですよ。周りに樹木を植えて演出すれば、それはそれは素敵な空間になっていくこと請け合いです。

2013090314220001

床はスペイン製のテラコッタ風タイル。その名も「ロゼ」素敵ですよ。

2013090314220000

骨組みが美しいテラスの見上げ。はやく、周りを樹木で囲みたいですね。建て主さんも、どんな木を植えたらよいかと、居間からワクワクされています(^^)

2013090314250001

内部では、酒井塗装さんがパイン無垢床板にオイルフィニッシュう仕上をするために下地調整(水拭き)をしてくれています。正面には、2階への階段。右奥のつきあたりは和室。

2013090314250002

階段を見上げると、ホールに燦々と光を入れるトップライトが・・・。

2013090313580000

さてさて、まずはテラスを眺めながらの対面キッチン。モザイクタイルが素敵ですね。昨年、栃木のお宅で奥様が選んだ色。私も気に入ってしまい。それをそっくり採用させていただきました。なかなか、キッチンにタイルを所望される奥様は少ないので、見学するには貴重な空間と言えるかも・・・。

2013090314180000

モザイクタイルに接近!う~ん、ビューティフル(^^;)

2013090313590000

対面キッチンからリビングを望む。奥行きのあるカウンターの下には、調味料などを置ける棚板が便利です。パインの集成無垢板ですが、ウレタンコーティング仕上ですので、濡れても問題ありません。

2013090314070002

リビングから対面キッチンの方を望む。

2013090314080001

カウンターの下には、いろんなものが収納できるから便利です。

2013090314080002

押すと開く扉。

2013090314190001

カウンター越しに、キッチン裏の作業カウンター上部に設けた収納棚。これは、今年お引渡しをさせていただいた宇都宮市内のお宅のとまったく同じ仕様です。

2013090314060001

リビングの西側面には、お隣さんの畑が望めるピクチャーウィンドウ。

2013090314140000

そのすぐ脇は、寝室にもなる和室。もちろん、戸を閉めれば独立した部屋に。しかし、開放すれば、リビングと一体の畳コーナーに早変わり。私事で恐縮ですが、子供が生まれて間もないころは、こんな空間が欲しかった~。

2013090314070000

和室からリビング越しにキッチンの方を望む。大きな掃出し窓の外にはテラスが見えます。

2013090314140001

和室とリビングとの境目。ヒノキの敷居に杉の床板。そして琉球畳。

2013090314150000

洗面化粧台。洗面ボウルはイタリア製。壁には、これから鏡付きの収納が付けられます。

2013090314150001

化粧台の上のランプ。

2013090314100000

2階の広いベランダ。突然の雨にも心配ない、奥の深い屋根に囲まれています。自宅のベランダ、というよりも、リゾートペンションのベランダ、という雰囲気に仕上がりました。

2013090314120000

2階の部屋の入り口は天井が解放されて、部屋の中にいてもホールと一体感のある空間。

2013090314110000

引き戸を開放すれば、なお開放的!

2013090314090000

2階のレストルームは、青空や星空を眺められる贅沢な空間になりました。日中、日差しが気になる季節には、お手元のリモコンボタンを押せば、ソーラーバッテリー内臓の電動ロールカーテンが出てきます。

2013090314120001

トイレの床は、山桜の無垢板にウレタンコーティングを施したもの。

2013090314240001

まだ語りつくせません。・・・とても素敵なおうちが完成しました。

2013-08-31 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

新築住宅の骨組み

ホンの一瞬でしか見ることのできない骨組み。屋根だるきという部材を組み付けて、これから野地板を貼りますよ、という段階の様子です。

2013083009150000

下からの見上げ。この光景は、もうすでに見ることができなくなってしまっています。

2013083009310001

2013-08-30 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

上棟

上棟

 

日光市市内某所のお宅は、大安吉日の今日、無事に上棟しました。

2013-08-29 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

さくら市のお宅 完成間近

さくら市のお宅。足場が外れた現場に材木が届いておりました。

2013082708280000

日光市内の古民家改修現場から、二日間のお休みをいただいて小曾根大工さんたちが駆けつけてくれました。足場が外れないとできなかった、テラス屋根の工事です。いよい最後の追い込みです。

2013082708480000

そのテラスですが、床面に貼ったテラコッタ風のタイル。イタリア製です。30センチ角の大判タイル、その名もずばり「ロゼ」 大谷石との組み合わせが素敵ですね!写真を見た妻曰く、「 いいねえ、レストランみたいだねえ ♪ 」 とのこと。

2013082708330002

室内も塗装作業も終了しました。室内も、タイル仕上げが見逃せません。

2013082708450001

栃木市のお宅で貼ったタイル。私も大いに気に入りまして、ついつい、同じものをお勧めしてしまいました(^^)

2013082708410000

9月8日の完成見学会でお披露目となります。

2013-08-27 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

日光市内の新築宅 大工さんが現場入りしました

日光市内某所の完成した気基礎。いよいよ今日からら、現場に大工さんが入って、まずは土台敷き作業から始めます。

2013082418150000

可に間のプレカット工場から木材が運搬されてきました。8時前には到着していて、建て方の段取りを考えながら順序良く荷卸ししました。

2013082608100000

丸い木材も見えますね。これはどこに使う木材でしょうか?それは、あとのお楽しみで~す(^^;)

2013082608430000

朝のうち、大工さんとの打ち合わせが終わったら、一緒に墨付けという作業を行いました。墨壺から糸を引っ張って、ピンと張って「パシン」とやる、あの作業です。指が黒くなりました(^^)

2013082611040000

同時に、設備屋さんも外部の給排水配管工事を行っています。水玉水平器を使って、正確に勾配を確認しながらの繊細かつ泥んこ作業です。炎天下、頑張ってくれました。

2013082611050002

土台敷き作業がほぼ終わって掃き掃除をする佐藤大工さん。

2013082616330000

いよいよ、29日は建て方です。ますます緊張してきました。

2013-08-26 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

日光市内、新築中のお宅の基礎工事

という訳でして、久々に「木の家づくり日記」再開です。皆様、大変お待たせ致しましたm(_ _)m

まず今日は、日光市内で新築中のお宅の基礎工事の状況をお伝えしたいと思います。今日は、基礎の立ち上がり部分にコンクリートを打設する工事を行いました。

RIMG0027

ところで、立ち上がりのコンクリートを抑える型枠の設置ですが、結構と大変な作業だったんですよ。それが次の写真!炎天下で帽子もかぶらずに奮闘する職人さん。いやはや、見ている方が熱く、あ、いや、暑くなってしまいういます。本当にお疲れ様です。

2013081714110000

その土間コンクリートの照り返しが凄いんですよねえ。そして、この土間コンクリート。このコンクリートを打設した時の写真が、下の写真です。赤いコスチュームの社長が先頭になって汗しています。この日も炎天下でした。ホント、頭が下がります。

2013081213010000

ちなみにコンクリートミキサー車。でかいです。それに、重そうですね。 ← なんだか、素人のリポートですよね(^^;)

2013081212510000

でもって、その土間コンクリートに隠れた部分を今度はご披露いたします。鉄筋です!一面、大迫力の鉄筋です!整然として美しいですよね。

2013081014520002

美しいのにはわけがあります。きちんと測って、設計寸法通りに組み立てているんですよ。そして、第3者による検査も・・・。瑕疵担保責任保険「まもり住まい保険」の検査員さんによる現場検査です。

測ったり・・・、

2013081015030000

写真を撮ったり・・・、

2013081015100000

無事に合格しました。

2013081014550000

最後に私の足の写真・・・、ではありません。13ミリの異形鉄筋が150ミリの間隔で配筋された時の見え具合を残したいと思って撮ったのでした。

以上、8月12日から本日20日までの進行状況をダイジェスト版でお楽しみ?いただきました。

2013-08-20 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed