木の家づくり日記

7月末の家づくり状況

更新がご無沙汰しているうちに7月も今日で最後となってしまいました。楽しみにしていただいている皆さん、特に建て主さんには本当に申し訳ございません m(_ _)m それよりなにより、工事そのものをお待ちいただいているお客様には、もっと申し訳ございません m(_ _)m

今日は超省略バージョンですが、家づくりの状況をまとめてご報告させていただきます。

さくら市のお宅は大工さんの工事が終了し、仕上げ工事に入っております。先日は建て主さんご夫妻に現場を見ていただき、おそらくは最後の打ち合わせをさせていただきました。奥様、住まいが遠いとはいえ建て方以来の現場視察!感激していただいたようで、私も嬉しくなりました(^o^)

さくら市の家

塗装屋さんによる木部の塗装工事も終盤に入っています。また、内装屋さんによるクロス下地作りも進行中!日記の更新とは関係なく、現場は着々と進んでいるのでありました(^^;)

さくら市の家

お次は、日光市内某所における大改造工事。築後150年は経っているお宅です。今、NHKの大河ドラマで戊申戦争を放映中ですが、まさにその時代には存在した家なんです。しかも、会津進軍による焼き討ちという戦災から免れたという言い伝えがあるのですから、まさに歴史の生き証人というべき建物なのであります。何回も増築やリフォームを繰り返していますが、見せ場はオリジナルへ再現しつつ断熱改修を兼ねるというリフォーム工事なんです。

日光市の家

最後はコチラも日光市内某所。建て替え新築工事が始まります。今日の良き日に地鎮祭を執り行いました。写真は、宮司さんが一生懸命に準備をされているところです。この宮司さん、まだお若いのですが朗々として清々しく、とても素敵な地鎮祭を行ってくださいました。

日光市の家

という訳で、一度に3現場を同時進行というのは久々の事で、日記の更新をする時間があったら現場の段取りをしようという状況が続いております。

無理して体を壊すわけにはいかないので暫くは更新の頻度が落ちるかもしれませんが、できるだけ頑張ります。モバイルネット通信にはまだまだ距離を置いているアナログ人間ですので、よろしくお願いいたします m(_ _)m

2013-07-31 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

一級建築士試験の試験監督

今日は早朝から宇都宮工業高校へ行ってきました。一級建築士試験の監督をするためです。思えば〇〇年前、私も同じこの場所に、受験生として来たのでした。今はどうかかわかりませんが、私が受験したころは、世間は決まって宮祭り。なんだか羨ましいなあとバスの中から祭りの様子を見ていたことを思い出します。

受験生は、若い人あり、年配の人もあり。みんな真剣に取り組んでいました。若い人は夢と希望を胸に臨んだでしょうし、年配の方など、合格すれば勤め先で資格手当の上乗せなど、生活がかかっているのだろうなと考えてしまいました。そういう方がエアコンの効かない教室で、汗水たらしながら問題に取り組んでいる姿を見ていると、心の中で『どうか頑張ってください』という思いが自然にわいてくるのでした。

宇都宮工業高校

その宇都宮工業高校も、この場の歴史に幕を閉じ、2学期からは雀宮の新校舎に移転するんですよね。卒業された皆さんは、さぞかし寂しい思いをされているのかもしれませんね。でも、在校生にとっては新しい時代の幕開け。新しい学び舎で、勉学に、スポーツうんと汗してほしいものです。

2013-07-24 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

地盤調査

地盤調査

日光市内某所にて、新築予定地の地盤調査。建物の四隅と中心の合計5箇所にて、地面の耐力強度をしらべるものです。物理的探査法という調査方法ですので、薄いアスファルト程度でしたら、そのままの状態で測定することが可能です。

正式な結果は後日、地盤保証会社から出てきますが、杭打ちなどの補強が必要になりそうな状況でした。

下水ます

川原設備さんとも現地打ち合わせ。写真は川原さんが下水マンホールの深さを確認しているところです。建物からの距離がありますが、勾配をクリアできる深さがあってホッとしました。移設などの検討はしなくても大丈夫でした。

2013-07-17 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

建て主さんと久々に現場で打ち合わせ

建て主さんと久々に現場で打ち合わせをさせていただきました。今月中には大工さんの工事も終わります。内装の柄やら、ポーチのタイルやら、未確定だったものを最終的に決めていただきました。

さくら市の家

外へ出て、

私:「結構、悪くないというか、思った以上に外観がうまくいったなったと思っているんですよ。」

建て主さん:「いやあ、とってもカッコいいですよ!」

私:「サッシのシルバーと焦げ茶色の外壁との組み合わせが引き締まっていい感じですよね。」

建て主さん:「外壁の黒いのががとても素敵ですよ。いいですねえ。」

などとやり取りがありました。今日も暑く、いただいたアイスクリームとジュースでのどを潤しました。御馳走様でした。

2013-07-14 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

和室の押入れとクロゼット

和室の押入れは、例によって杉簿無垢板貼りです。いやあ、やはり気持ちがいいですねえ。しまわれる布団もさぞ喜ぶことでしょう(^^;) ちなみに、左側の幅の広いほうが押入れ。右側の幅が狭いほうはクロゼットです。すぐ脇の階段下や2階には豊富な収納スペースがありますから、こちらは季節の衣類を厳選して収納するといいですね。
 

無垢板張りの押入れ

写真を撮り忘れましたが、布団をのせる棚板は、間を透かして貼ってるのでスノコのように通気性が良いのです。この作りも恒例ですね。
 

無垢板張りの押入れ

クロゼットの枕棚(まくらだな)と呼んでいる棚。後日、この下にステンレスのパイプを通したら完成です。
 

無垢板張りの押入れ

これが押し入れやクロゼットの壁?贅沢でしょうか?(^^:)
 

無垢板張りの押入れ

和室はリビングの一角にあって、締めれば和室ですが、広く開け放てるようになっていて、まさに畳コーナーですよ。
 

無垢板張りの押入れ

和室の方からリビングの方を見ているのですが、まだ骨組み状態で分かりにくいですかね。
 

無垢板張りの押入れ

角の柱部分に建具が行き来するための溝。鴨居(かもい)と言います。小曾根大工さん、いい仕事してますねえ。

2013-07-08 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

2階の部屋で

2階の部屋で

小曾根大工さん、「渡辺さ~ん、お昼ですよ。」

2013-07-08 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed