木の家づくり日記

窓に映し出される影

窓に映る影

↑ 今朝のリビングルーム。明るさはこんな感じなのですが、目に見えているものが撮影できません。窓に映し出されている影が肉眼では見えているのですが、この写真では見えません。

窓に映る影

↑ 見えているものが写るようにカメラを絞ったら、こんなに暗い写真になってしまいました。

正面のピクチャーウィンドウには、まだ落ち切らないヒメシャラの枯葉がロールカーテン越しに写っています。右側の障子にも、外の樹木の影が。

窓に映る影 窓に映る影

右の写真、障子の右上の方に、不自然で人工的な影も見えますね。娘たちが作った工作が吊ってあるんですね(^^;)

2012-11-25 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

玄関の上がり框

玄関の上り框

宇都宮の家。玄関で靴を脱いで上がるところのしきりとなる板を「上がり框(あがりがまち)」と言います。ヒノキの無垢材です。

玄関の上がり框

取り付けたばかりのところは、写真のように定着するまで万力で押さえておきます。

外壁コーキング

外では、外壁コーキング工事が進行中!

2012-11-24 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

松脂(まつやに)

松脂(まつやに)

娘たちが叫びながら階段を下りてきました。

「パパ~、階段のところの、木のところが濡れてるよ~。」

え?何?どういうこと???何だろうと思いながら娘たちに着いていきました。

松脂(まつやに)

私:「はは~ん。なるほど、これか。これは松脂(まつやに)だよ。」

娘たち:「(興奮して喜びながら)ええっ?まつやに~?」

今はあまり使いませんが、当時は造作用の無垢板にピーラー(松材の一種)を使っていました。松材ですから、何年も経ってから予想もしないところから松脂が噴き出すことがあるんですよ。

松脂(まつやに)

松脂と聞いて、娘たちは早速、バイオリンの弓を持ってきてゴシゴシ始まりました(笑)

2012-11-23 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

黄色い浴槽

宇都宮のお宅のユニットバス。二世帯住宅のうち、建て主さんご本人側のユニットバス。

奥様が、黄色い浴槽を希望されました。

私とご主人は、やや懐疑的・・・。

黄色い浴槽

しかし出来てみると、壁の色と調和して、とてもいい雰囲気ではありませんか(^^)

奥様の勝利(笑)でしたね(^^)

2012-11-22 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

床が抜けそうなお宅の改修工事

という訳で、大工さんが宇都宮市内で新築中のお宅を一日だけ抜けさせていただいての緊急工事です。場所は日光市内某所。

床が抜けそうなお宅の緊急改修工事  床が抜けそうなお宅の緊急改修工事

朝のうちに床を解体して状況確認。必要な材料は揃えておりましたが、剥がしてみないと分からない下地材は、事前の打ち合わせ通りに、材木店さんにすぐに連絡をして手配しました。そうして、一日で改修工事を終わらせると事が出来ました。

2012-11-21 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

晩秋というか、初冬の渡辺建築工房

渡辺建築工房

青かった芝生も茶色くなり、紅葉が美しかった木の葉も散り始めています。もうすでに、本格的な冬の到来と言えるかもしれませんよね。

2012-11-20 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed