木の家づくり日記

日光にはこんなところが・・・

日光市萩垣面

今朝は珍しいところへ行ってきました。日光市の萩垣面(はんがきめん、と読みます)というところです。東照宮の東側、大谷川(だいやがわ)の支流の一つ、稲荷川に沿って奥まで登っていくと、広大な別荘地がずっと続いている場所があるんですよ。

日光市萩垣面

初めて来たところなので、こんなに山奥まで別荘地があるのか、とビックリしました。行き帰りの途中では、大きな鹿もいました。

日光市萩垣面

今市で外構工事をしているお宅に敷く御影石。建て替えする前に使っていたものを一時保管していた場所があって、それを引き取りに来たのでした。

日光市萩垣面

約50個の石を、トラックの荷台に丁寧に積み込んでいきました。

日光市萩垣面

今市に戻ってきて外構工事中のお宅へ。

日光市萩垣面

ピンコロ石を実際に並べてみて、割り付け寸法や、必要な個数などを確認していきます。

日光市萩垣面

既製品の外水道栓などの並べ方など、図面上の検討では分からなかった高さのすり合わせや、見栄えの検討などを、建て主さんにも加わってもらい、詳細に検討していきました。

2012-10-31 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

職人仕事

職人仕事  職人仕事

屋根の破風(はふ)というところをガルバリウム鋼板で被覆するのですが、端部の形が複雑ですので、原田板金さんが苦労しながらも細部まで丁寧な成型仕事をしています。

職人仕事

「大変だね」と声をかけると、ニコニコしながら頑張ってくれました。

職人仕事

「今度は合うかな?」「うん、良さそうだ。」という感じで、丁寧な手仕事をしてくれています。

職人仕事

建て物の中では、小曾根大工さんが造作材をカンナ掛けで仕上げ中。いまどき、現場で大工さんがカンナ掛けをするような光景は、なかなか見られないというものです。

職人仕事

削ったヒノキ。とてもツルツル、スベスベです。外壁の、1階と2階の境目に取り付ける腰帯になる部材です。

2012-10-31 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

栃木の家 外構工事

外構工事

栃木のお宅。今日で外交工事は最終の細かいところをやれば終了です。

外構工事

奥様が購入されたポストも、ご指定の位置に取り付け完了。

外構工事

最後の調整仕事をする、アイケイデイのRYUUJI「くん」・・・じゃなかった、RYUUJI「さん」。建て主の奥様から「二十代のお兄さんかと思っていました。」と言われて、まんざらでもなさそうでした(笑)

2012-10-30 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

外構工事中

今市の家 外構工事中

今市の家。外構工事中!雨の日曜日。もちろん、工事はお休みです。

今市の家 外構工事中

ポストを安定して設置し、しかも移設を容易にするための秘策。私と建て主さんと、それから外構工事をしてくれる池田さんと三人で考えあぐねた結果、池田さんが出してくれたナイス・アイデア。三人集まればなんとか、と言いますからね。良かった、良かった。

今市の家 外構工事中   今市の家 外構工事中

2012-10-28 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

君島理容さん

子供たちを連れて早く散髪に行きたいと思っていたのですが、今日、ようやく念願がかないました。

君島理容さん

君嶋理容さんは、渡辺建築工房で設計施工させていただいたお店。今日は久しぶりに、至福のリラックスタイムを味わいました。

帰りにはお土産までいただいてしまって・・・。どうもありがとうございました。

2012-10-28 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

ヘリテージマネージャー育成講座

ヘリテージマネージャー養成講座

今日の午後は、歴史的建築物の保全活用専門家育成講座でした。栃木県建築士会の主催。

今日の講師は、小山工業高等専門学校の校長である刈谷勇雅氏。文化庁で歴史的建造物の調査や認定に携わってきた専門家。

日本における歴史的建造物の扱いについての詳しい解説。しかし、単なる行政的な扱いの解説ではありませんで、国際的な比較という視点からも切り込んだ内容でした。

ヘリテージマネージャー養成講座

講座が終了した、夕方5時頃の宇都宮市不動前付近。西の空が美しかった。この後、栃木市のお宅へ向かいました。

2012-10-27 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed