木の家づくり日記

番外編!ご近所のシンガーソングライター

今日の夜、日光市内(旧今市)の市縁ひろばで『日光ミュージックステーション』というイベントがあり、ご近所に住む 鐸木 能光(たくき よしみつ)さん が出演された。昨年の暮れに、福島県から引っ越してこられた鐸木さんは、作家であり、そしてシンガーソングライターでもある。また社会批評の論客でもあり、狛犬の研究家でもあり、そしてカエルをこよなく愛するという、とにかく多才なかたである。

鐸木能光さん

大勢の観客を前に、市縁ひろばに設置された特設会場で引き語りをされる鐸木さん。

鐸木能光さん

もちろん、ご自身が作詞作曲された曲を披露された。普段は、語れば普通のオジサン(失礼)だと思っていたのだが、透き通るような素敵な声や、ギターの技術にビックリしてしまった。こんなに素晴らしい歌を歌う人だったなんて・・・。

鐸木能光さん

テントの外は、とんでもない土砂降り。時折、雨の音が激しくて、マイクを通しているのに歌声が聞こえにくいほどだった。

鐸木能光さん

そんな状況もよそに、淡々と引き語る。聴いているこちらもハラハラするような激しい天気の中で・・・。

鐸木能光さん

鐸木さんが近所に引っ越されてから、家のリフォームや外構工事のお手伝いをさせていただいた。こんな素晴らしい方の家の仕事をさせていただいて、ちょっと誇らしく思えた夜でした。

2012-08-31 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

基礎型枠と鉄筋の工事開始

基礎の型枠と鉄筋の工事

宇都宮市内の家。捨てコンクリートの上に型枠を組む工事が始まっています。本格的な基礎本体工事の始まりです。

基礎の型枠と鉄筋の工事

捨てコンクリートの上に正確な線を引いて、型枠を慎重に真っ直ぐと建てつけていきます。

基礎の型枠と鉄筋の工事

鉄筋を曲げる機械を使って、鉄筋の曲げ加工をする池田さん。

基礎の型枠と鉄筋の工事

加工した鉄筋を外周部に施工するに当たり、高さや納まりを確認してスタッフに指示します。とても広い基礎ですので、来週月曜日の夕方までめいいっぱいかかる予定です。まだまだ暑い日が続きますね。体に気を付けて頑張ってください。

2012-08-31 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

布団棚

押入れ棚

栃木の家の、寝室に付属する広さ4帖のウォークインクロゼット。寝室から折れ戸を開くと、奥にしつらえた布団棚が見えます。棚下のスペースよりも、低くて布団が積みやすいことを優先する、という訳で、棚の高さは60センチに押させてあります。こういう方法もあるのだという一つの例ですね。

押入れ棚

その布団棚。一般的にはベニヤ板で作るところでしょうが、渡辺建築工房では無垢板で作ります。しかも板と板とを、わざと隙間を空けて空気が流通するようにしました。最初からスノコを造りつけたような効果がありますよね。

2012-08-30 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

基礎地業工事

砕石工事

地盤改良工事終了後の砕石地業工事。地業(ちぎょう)工事とは、基礎コンクリートを受けるための強固な地盤面を作る工事のことです。砕石を使って作ります。

砕石工事

端の細かいところなどは、ランマーと呼ばれる小型の機械を使って、隅々まで入念に転圧します。

砕石工事

綺麗に完成しました。

砕石工事

要所、要所で重要ポイントの写真撮影。渡辺建築工房では標準の、地盤保証対応のためにも必要な写真となります。

捨てコンクリート

砕石地業行工事が終わり、防湿シートを敷き詰めたら、外周部に捨てコンクリートと呼ばれるコンクリートの打設です。立ち上がりの型枠を精度よく固定するために必要な工事です。今回は、地盤改良のためのジオクロス端部固定も兼ねた、幅広の捨てコンクリートとなりました。

捨てコンクリート

ミキサー車からポンプ車にコンクリートを流し込んでいるところ。

捨てコンクリート

捨てコンクリート

捨てコンクリートそのものは構造強度には関係のない工事なのですが、基礎の型枠を精度良く建て込んで綺麗に作るためにも必要なので、高さを測りながらコテならししていきます。

捨てコンクリート

基礎地業工事が綺麗に完成しました。

2012-08-29 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

外部の工事と無垢板チェッカーガラスドア

外部パーゴラ工事

栃木の家では、大工さんが外部の工事に入りました。相変わらずの炎天下。小曾根さん、急きょテントを作っての作業です。最近の家は、既製品を取り付けるだけ程度の家づくりが多いのですが、無垢材を沢山使う渡辺建築工房の家では、大工さんが多くの時間を費やします。

外部パーゴラ工事

カメラ目線の小曾根大工さん(笑)

外部パーゴラ工事

差し金(さしがね)を使いこなして、木材に墨付けしていきます。墨を使わずに鉛筆で切り取り線を木材に描く場合も、私たち業界人は『墨付け』と呼びます。

無垢ドア・チェッカーガラス

内部に建具が吊りこまれました。玄関ホールからリビングに至る場所に採用したドアは、無垢板の框ドアのチェッカーガラス入りです。

無垢ドア・チェッカーガラス

初めて使うデザインのドアなのですが、あまりの美しさに見とれてしまいました。素敵ですねえ。ビックリしました。

2012-08-29 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

太陽光発電パネルとセントラルPS暖房と

太陽光発電

栃木市の家。太陽光発電地パネル約3キロワット分が屋根の上に設置完了しました。

セントラル温水ヒーター(PS暖房)の墨出し

室内では、PS暖房というセントラル温水暖房器具の設置位置について、全ての箇所について細かく確認していきました。これから、床からの配管取り出し工事へと続きます。

2012-08-27 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed