木の家づくり日記

階段ができました

階段ができました。現場監理するのにも、梯子を登らなくてもよいので、とてもラクチンです。

階段

途中折れ曲がりの階段ですが、その途中の踊り場部分が、広い正方形になっており、とても安全でもあるんですよ。

階段

上から見下ろしたところ。万が一転げてしまった場合、あそこで受け止める、などと想像しています。

階段

2012-07-27 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

家族が増えました 今度も双子以上!

いやあ、もうダメかと思っていたので、本当に嬉しいです。





















しかも、今度も双子以上!





















双子以上って、正確にはどうなの?





















実はまだ、未確認なんですよ(^^;)





















いったい、どういうことなんでしょう???





















新しい家族は、ここに住んでいるんです。

今度はとても高いところに作ったから、今度こそヘビに襲われて食べられることがないようにと、祈るような気持ちで見守るばかりなのです。

 ツバメの雛

はやくはやく、僕にエサをちょうだい!

 ツバメの雛

わあ、ありがとう。おいしいな!

 ツバメの雛

もっと、もっと、僕にちょうだい!

 ツバメの雛

本当に、食いしん坊な子供たち!ふう、エサ集めが大変、大変。

 ツバメの雛

あっ、写真を撮ってくれていたんだね。どう?僕たちの、おすまし顔。とってもハンサムでしょう?

 ツバメの雛

2012-07-25 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

小曾根さん復活

小曾根大工さんが約十日ぶりで、栃木市の現場に復帰しました。腕の、ちょっとした手術を行ったためです。スポーツマンなので、そういうこともあり得ますよね。

順調に回復しているようで、ヨカッタ、ヨカッタ(^^)

とちぎの家

もちろん、十日間も現場をお休みした訳ではありません。手伝いの篠原大工さんが、一人で頑張ってくれました。

とちぎの家

トイレの床。床は自然塗装の床材に限ると思いつつも、この部屋だけはウレタンコーティングされたものをお勧めします。水分を吸い込むことは、この部屋に限ってはご法度ですからね。前回に引き続き今回も、建て主さんは山桜を選ばれました。

とちぎの家

2012-07-24 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

地盤調査

宇都宮市内某所。こんどは区画整理地での建て替え新築工事です。区画整理地で、しかも整地作業ができたばかり、道路はまだ未完成という場所です。当然、地面もいじくりました。こういうときに、地盤調査の大切さを再認識します。

地盤調査

ジオキャストの荒井さん。さくら市から栃木県内のどこへでもやってくる、研究熱心な社長です。栃木県内の地面ならおまかせ!いろいろ実情を知っています。変な話ですが、去年の地震の経験もあって、被害状況と地盤改良の関係など、有益な話をさせていただきました。仕事の邪魔してごめんなさいね。

地盤調査

いつも奥様と二人三脚です。この奥様も、ただ手伝ってるだけではありません。重いオモリなどを淡々と運んだり、力仕事もなんのその。それより凄いのは、調査結果に対する記憶力ですね。2年前に調査していただいた那須塩原の現場についても「あそこはこうだった」という話をすぐに返してきたので、私はビックリしてしまいました。場所がどうとかいう話ではないですよ、地面の強度に対する記憶の事ですよ。

地盤調査

こちらは物理的表面探査法を行うための機械です。

地盤調査

車に積み込んだコンピューターと繋いで、同時進行でデーターを入出力していきます。これである程度の状況は把握できるのですが、最終判断は地盤保証会社に送付して、それからの判断になります。

地盤調査

2012-07-24 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

暑い日の仕事場

梅雨が明けましたね。例年より4日ほど早い計算です。連日、暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしですか?私は、今日は仕事場にこもって図面作成の仕事をしています。先ほど、息抜きに写真などを撮影してみました。

窓の緑

造り付けのカウンターテーブルの前、西側に面した窓も、ずいぶん緑に覆われてきました。モッコウバラという、つる性の花です。モッコウバラと言えば黄色いのがほとんどだと思いますが、我が家のは白い花が咲く品種です。特徴は、とても良い香がすることでしょうか。

窓の緑

サッシの面格子にからみついているモッコウバラ。パソコンに向かっていて、ふっと前を見ると、このように目の前には葉っぱが茂っていて、これはなかなか良い景色です。もっともっと茂れば、西日の影響も緩和されることが期待できますよね。

今度は左の方を振り向いてみました。南側の掃出し窓の方です。木製のブラインド越しに見えるのは、今年植えたばかりの樹木です。ご近所さんの家も、遠くに見えていますね。この、ほど良い距離感や空き地があることにも助けられて、とても素敵な景色のもとで仕事ができています。

窓の緑

道路に出て建物のほうを撮影。ずいぶん緑が増えてきましたので、それだけでも気持ちがいいんですよね。建物だけではなく、庭の環境も建物以上に大切だと改めて実感している今日この頃。

緑の庭

下の写真は、家が完成して間もない頃、約9年半前のものです。本当に何もありませんね。ある意味、あっぱれです(^^;) このあと、スコップと猫車を使って妻と二人、人力で整地作業をしたことを昨日のように思い出します。

茫々な庭

今度は今日の写真。何事をなすにも10年の歳月が必要なんだなあ、という事で・・・。

緑の庭

2012-07-19 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

ベランダ

2年前に完成引き渡しをさせていただいた、日光市内Sさん宅のベランダ。現在建築中の、栃木市のNさん宅は、写真を見ていただいてから、このベランダが大のお気に入りでした。そして打ち合わせを開始した当初は、同じような規模・デザインのベランダにしたいというご希望からスタートしたのでした。

ベランダ

ところが・・・。気が付いてみると、それは、それは広いベランダになっていたのでした。写真は子供室の窓からベランダを見ているところなのですが、お隣さんの樹木が借景となって、とても素敵な風景ができました。このあと、木製の手すりなどを作って、柱と一緒に焦げ茶色に塗装したら出来上がりです。とてもゴージャスな空間が完成しそうです。

ベランダ

2012-07-18 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed