木の家づくり日記

気密測定

栃木の家。今日は気密測定。

家の気密性能というのは、本来は完成した状態での気密測定で確認するものですけれど、完成した時にだけ測定して、仮に性能に不満があったとしても、その時点では性能を上げるような対応をするのは不可能です。それよりも、骨組み状態の時に漏れの個所を発見して、建物の内装が終わってからでは絶対に対処できないところの気密処理を完璧にするために気密測定をする、とうのが最も有効な測定費用の使い方だと思うのです。

今回も例によって、東京から気密測定の専門会社さんが来られて測定作業。写真のような、バズーカ砲みたいなところから強制的に風を送り、その時の風速(風量)と建物内外の気圧の差から、建物の気密性能を評価するというものです。風を作ることで、隙間から風が入ってきますから、それを探しては気密処理をしていくという作業をします。

気密測定

下の写真は、床根太間のグラスウール断熱材小口部分です。発泡気密処理の甘い部分があって、空気が入ってきます。そこへ発泡処理を重ねていきます。手のひらをかざすと感じることができる程度の隙間を見つけては塞ぐ、という地道な作業をしていくのです。

気密処理

もうそろそろ、性能が出てもよいというところまで処理をしましたが、なかなか満足のいく性能が出ません。C値(隙間相当面積という指標)が1.0を大幅に下回っているので、十分と言えば十分なのです。しかし、それでもなんとなく釈然としないものを経験的に感じました。何かがおかしい、どこかに何か、大きな見落としがあってほしい、そういう変な思いを抱きながら探し続けていると・・・、

気密測定

なんと、はめ殺しサッシのガラスにビートが取りついていないところがあるのを発見しました。それにしても小曾根さん、よく見つけたなあ。ここはビートを取りつければ完全に気密になる部分ですから、仮にテープを貼って対処しました。はあ。後でサッシ屋さんと連絡が取れ、ビートが足りなくなったので後日取りつける予定だったとか。う~ん、それはそれで仕方がないですねえ。気密測定の日程を伝えて、注意していた訳ではありませんでしたので、怒るわけにもいかないですし・・・。

気密処理

そんなこんなで、今日はちょっと時間を費やして三度目の測定。気密測定士さんも、こんどはどうだと祈るような気持ち?かどうかはわかりませんが、真剣な表情でメーターを見つめていました。

気密測定

結果、私にも十分に満足のいく結果が得られました。ああ、良かったあ。ところで、私にも満足だなんて偉そうな口ぶりですが、かつて勤め時代には、私も気密測定士の資格をもっていました。そして、機械を車に詰め込んで、あちらこちらの工務店さんが施工した建物の測定や気密処理の指導をしていたことがあるのです。気密測定に関するキャリアは17~18年、という訳なのです。もっとも、その資格を維持するためには、住宅環境省エネルギー機構という財団法人に高い維持費を払い続けなければなりませんし、気密測定用の機械も高額で費用対効果的には、施工棟数が少ないので無駄が多すぎます。それで独立開業してからは、外部の専門業者さんに測定を依頼しているわけなのです。

電気配線工事

測定が無事に終わり、直前に到着して外で待機していた電気屋さんが配線工事の続きを行いました。今回の建て主さん、デジタルケーブルなどにとても詳しくて、使用材料にも凝っていらっしゃいます。

HDMIという配線(という表現から、私の知識のなさがよく伝わりますね)も、指定の規格品を使います。施工する上では、定まった方向性と急な曲りに注意です。

HDMI配線用ケーブル

ランケーブルも、性能に具体的な要求をいただきました。ランケーブルに、数字で表せる性能差があるなんて、全く知りませんでした。

ランケーブル

工事もまた一歩前進。今日の午後には、床に貼るための杉の無垢板が現場に搬入されているはずです。ますます現場が楽しみになってきました。

2012-06-28 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

吹付断熱工事

昨日と今日の二日間は、木造住宅用の吹付断熱工事を行いました。今日の昼頃、2階は養生しながら吹付工事中。柱からはみ出た分を切り取ったりしますので、写真のように大変な状況になります。この二日間は、小曾根さんたち大工さんを含め、他の職人さんは現場には入りません。

吹付断熱工事

一方、片付けまで終わっていた1階は、ご覧の通りの美しさ。形状追従性に優れた断熱材が隅々まで密着していますので、「データ通り」に断熱気密性能は抜群というのが特徴と言えるでしょう。

吹付断熱工事

2012-06-23 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

今日の庭とテラス

今日も空梅雨気味で、まずまずの天気でした。渡辺建築工房の、リビング前テラスの樹木も着実に根付いているものと思われます。先日の台風も、この辺は大したことがなくてホッとしました。

庭とテラス

2012-06-22 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

瑕疵担保責任保険・構造検査

財団法人住宅保証機構あらため、今年の4月から株式会社住宅保証機構による、瑕疵担保責任保険の、2回目の構造検査を行いました。

図面による聞き取り確認の後に、全体の状況を細かく見て回ります。その後、既定の個所の写真を撮影されていました。

最初の写真は、構造端部の写真撮影をしているところです。

 

次の写真は、ベランダのサッシの下の部分の詳細状況を撮影中です。防水工事の納まりの確認のためです。

 

最近の、1階室内現場状況です。電気配線やダクトなども見えますね。

 

2階の見上げ。歪み防止のための補強材が縦横無尽に施工されている状況が分かるでしょうか?

 

屋根下地の野地板。いつみても美しいなと思うこの景色も、間もなく断熱工事によって見られなくなってしまします。とても寂しい気分です。

 

次はベランダの写真。壁には、透湿防水シートが貼られていますね。

 

外壁周りの透湿防水シートを貼っている青木さん。撮影したのは、間もなく台風がやってくるという時でした。お疲れ様です。

 

室内へ戻って、1階床の断熱材です。高密度のグラスウールで、厚さは80ミリにもなります。それを、土台や大引きと呼ばれる部材の間に施工します。

 

今回は、さらにその上の根太間に42ミリ厚の高密度グラスウール。これでもかの最強スペック・バージョンですね。

 

次の外観写真は、先日の台風が来るぞという日の外観です。ネットを縛り付けて風にあおられるのを防ぎます。この時期に台風対策をすることになろうとは・・・。

 

屋根瓦と壁の取り合い部分。板金屋さんとの防水対策のコラボレーションです。

 

チョコレート色の美しい瓦。

 

甍の波と雲の波

 

玄関部分の曲線加工。小曾根さん、いい仕事してますねえ~!

 

またまた更新がご無沙汰していた日記ですが、このように栃木の家は着々と進行中なのでした。

 

2012-06-22 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

屋根裏部屋作り

ご近所さんで、緊急の部屋作りのための工事をしました。寝室の横に屋根裏空間がありました。ここのスペースを収納にしたいというご要望でした。幸い、耐力壁ではない壁部分があるので、ドアを作るのはO.K.また、部屋を作るとしても面積が2坪弱ですから、建築確認申請の必要もありません。ということで、ご要望に応え得ることを確認して、先月のうちにドアだけは作ってあったのでした。

 

ドアの中、天井裏の空間です。ここに荷物を入れるための床を作るのが、今回の工事です。他所から荷物を運び入れるため、急ぎたい事情を知りつつも、栃木市で工事が始まったばかりですので、最低限の雨対策ができるまではということで、今日までお待ちいただいたのでした。

 

穴の開いた梁と根太。梁には一定の間隔で穴が開いています。実はこれ、10.5センチの角材をボルトで縫い合わせて合成梁を作ったのです。部材を階段から持ち上げる必要から、このように分割して持ち込み、屋根裏で合わせて背の高い梁を作る、ということを考えた結果です。

 

最後にカラーフロアを貼って完成。床にペタッと座り込んでくつろぐ施主さんの足が写ってしまいました(^^;)

 

2012-06-15 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

瓦葺き

1年前の東日本大震災直後に完成・お引渡しをさせていただいた、日光市内のお宅。このときに使った、チョコレート色の素敵な瓦を、今回の栃木の家でも使うことになりました。

 

屋根が直角に折れ曲がるところを『谷』と呼びます。谷の部分を上から見下ろしたところの写真です。雨が集まる場所でもあり、金属で溝を作ります。ここの部分を銅板で施工することが多いのですが、あえてガルバリウム鋼板を敷設します。実は瓦のコーティング材と銅版は相性が悪く、ここの部分の銅版が腐食してしまっている例が後を絶ちません。要注意です。

 

真っ黒な粘土?これは、防水用の漆喰なのです。

 

『棟(むね)』と呼ばれる、屋根のてっぺんの部分や、壁際のところに充填します。

 

道路側から見たところ。瓦を葺いたら、なんだか蔵のようなイメージに見えませんか?蔵の街・栃木ですから、そういう雰囲気が少しでも感じられたらいいなとの思い入れもあるのですが、いかがでしょうか?

 

2012-06-12 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed