木の家づくり日記

真岡の家 天井に塗る塗料

2月最後の日である今日は、すごい雪になりましたね。庭の雪は、午前11時の時点で20センチぐらいにはなったでしょうか。夕方まで降り続くようですから、明日の朝などは道路も大変なことになりそうです。

ゆき

酒井塗装店さんが、真岡の家の天井に塗る色の相談に来てくれました。想像以上の雪が降ったので、あえて危険を冒してまで真岡に行くことにはしなかったそうです。賢明な判断ですね。建て主さんとは『白っぽく』とだけ打ち合わせてあり、壁の珪藻土の色も決まっていますので、あとは自然に見える『白』を探すというわけです。

色彩というのは何年やっていても難しいものなんですよ。例えば、まったくの『白』を塗りますと、冷たい灰色に見えてしまいます。暖色でまとめられた素材や壁からは浮いてしまいます。かなりアイボリーを追加しないと『自然であたたかな白』にはなりません。

壁との明らかな対比をし、しかも眩しくない程度の色合いを煮詰めていきます。二人で検討した結果、いつも軒天に使っている色を塗ってもらうことに決めました。

酒井塗装店さん

今回、なぜ天井に塗料かというと、臭いに敏感な建て主さんの奥様のことを考えて、念には念を入れて、クロスを貼らないことに決めたからなのです。下の写真は、今回使うことにした塗料の見本帳です。いつも軒天に使っている材料です。水性エマルジョンペイントという種類なのですが、やはり材料もピンきりなのですね。安い材料と比べると5割も高いそうです。しかし、モノの値段より手間の方が施工費のウェイトがかなり高いですからね。酒井さん曰く、『安い塗料は施工性も悪い。満足のいく仕上がりを求めて余計な手間ひまをかけるぐらいなら、高くても良い材料を使うほうがはるかにいいい。』と。酒井さんらしいコメントで、私も改めて納得したのでした。

水性エマルションペイント

酒井さんが帰られたので、コーヒーカップを持って茶の間へ行くと、雪見障子越しに雪が降っています。写真が下手で思うような雰囲気が伝わっていませんが、雪見障子越しに見る雪はなかなかなものですね。これが薄暗い日本家屋ですと、雪見障子越しに見る雪景色の美しさと輝きは、格別なものがあったと想像できますね。

雪見障子

再び外へ。家の前の空き地に生えている大きな落葉樹がとても美しいです。妻が、『雪が降ると、俄然、出かけたくなる。』と言いいながら、嬉々として愛車に乗り買い物へと出かけていきました(^^;)

落葉樹

2012-02-29 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

真岡の家 大工さんの工事がほぼ終了

真岡の家。小さな平屋の家ですが、大工さんの工事が、ほぼ終了しました。今日は朝から塗装屋さんと待ち合わせをし、室内塗装の箇所と使用材料について打ち合わせをしました。今どきの住宅は床を含めて既製品だけで済ます家が主流ですが、私は無垢材を好んで多用するため、何を塗ったら良いかを選ぶことも重要です。自然な肌触りを重視してオイルを塗るところ、水濡れ対策をすべきで、やむを得ずウレタンでコーティングするところなど・・・。外部は、どの程度の風化(劣化ではありません)を許すかどうかの具合を判断して濃い色にするか、淡い色にするかなどを決めます。

真岡の家

その後、電気屋さんが来てくれました。最終確認のため、細かなところの打ち合わせなどを行いまいた。下の写真は、職人さんの吉野さんがボードに穴を開け、開けた穴の下を掃き掃除したりしているところです。

真岡の家

こちらの現場も整理整頓が行き届いています。大工の亀田さんは、私が勤め時代に仕事を一緒にしたことがある方です。ですので今回は遠距離ですが安心してお願いすることができました。

大工工事の課程で発生したゴミは、早速撤去していただきました。クリーン商事さん、いつも有難うございます。

真岡の家

2012-02-28 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

野点庵さん

日光市小倉の野点庵さんへ。ここのお蕎麦は本当に美味しい。ここのお蕎麦を食べつけたら、他のお蕎麦屋さんでは満足できません。行列ができる有名店でもダメです、本当に。

野点庵

近くにはオーナーさんのご自宅があります。とても素敵な家ですね。それはそうです、渡辺建築工房で設計・施工させていただいた家ですから(笑)

野点庵オーナー御自宅

2012-02-26 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

久しぶりの雪

朝、ふと外を見たら雪が降っていました。慌てて出かける準備をし、まずは真岡へ向かって出発。道路は雪で真っ白、車の流れも遅かった。打合せ時間が確保できるか心配していましたが、新里街道のトンネルを抜けたら、道路はシャーベット状態に。無事に9時過ぎには真岡の現場に到着し、一時間ほどの打ち合わせをすることができました。その後、11時までに鹿沼の某所へ、約束の時間通りにたどり着くことができました。べちゃべちゃで、とても重い春の雪でしたが、栃木県北地方の明朝の最低予想気温は氷点下5度。本格的な春の訪れはいつになるのでしょうか。

久しぶりの雪

2012-02-25 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

君島理容さん

午後は一週間ぶりに旧日光市方面へ。雨上がりの日光連山が、ひときわ輝いて見えました。

君島理容

こちらは昨年の秋に完成・お引渡しをさせていただいた君島理容さんです。左側の黒い外壁部分は、趣味と実益を兼ねた日光彫のお店。そして、真正面に見える黒いドアが、本業である床屋さんのお店です。2階に見えるのは住居のベランダの、木で作った格子。この格子は何回見ても良く出来たなあと思ってしまいます。建て主さんも、洗濯物をやんわりと隠すことができて格好よいこの格子が、大のお気に入りです。

君島理容

お店の入口。このドアも、ちょっと凝った作りでしょう?ドアの取っ手は、天然の木の枝です。贅沢しなくても、ちょっとした工夫で、俄然、面白くなりますよ。

君島理容

お店の中。今日は、ここに用事があったのです。私の頭を散髪してもらうためです。お陰様で、久しぶりに、スッキリとしました。これでまた当分は持ちそうですね(^^;)

君島理容

2012-02-23 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

足場の解体

今市のお宅では今朝、予定通りに足場が解体されました。とてもスッキリとした外観が現れました。建て主さんも思い描いたいイメージ通りのようで、とても満足していただきました。壁の色も、濃すぎず、白すぎず、なかなか素敵だと思います。

足場の解体

ただし、ちょっと間が抜けて見えるのは、ベランダの手すりが設置されいないからでしょうね。早速、トステムの施工技術者が現場に来てくれて、設計内容の確認やら、現場の採寸やらを行なってくれました。今まで施工したことがない形状の、素敵なベランダ手すりになる予定です。設置される日を、とても楽しみにしています。

ベランダ手すり工事のための寸法取り

2012-02-23 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed