木の家づくり日記

日光市理 容店の近況と 着工住宅の近況

久しぶりのアップ。何日分もの内容から2枚を厳選して取り急ぎ掲載、という状況です。『日記』というからには、当日の出来事をご案内しなければならないのですが・・・。

このホームページは、既成のホームページ作成ソフトを利用して自作しています。日記のページも同様。ブログみたいには、サクサクと掲載という訳にもいきません。ご案内したい出来事や写真は連日満載なのですが、そのご紹介がかなわず申し訳ないと思っています。

最初の写真は理容店のご主人が趣味で掘る日光彫のコーナーの内装です。室内の板貼りと飾り棚が完成しました。早速大工さんの道具が・・・(^^;) おそらくは、強度に問題がないかどうか、実験しているのだと思われますね(^^)

左側も大きな窓は、出窓になっていているショーウィンドウです。外から中を覗けるんですよ。道路に面していますから、皆さん、完成の暁にはドシドシ覗いてやっていただきたいのです。本当は、他にもご紹介したいことがあるのですが・・・。いずれ、近いうちにと思っています。

趣味の日光彫の部屋

場所が変わって新築工事に着手したお宅。実はこの現場、地盤が弱かったためにジオクロス工法という特殊な地盤改良工法を行ったのです。これについてみ詳しくご紹介したかったのですが、取り急ぎ近況の報告写真の掲載、という形にとどめさせていただきます。こちらもいずれ詳しく、と思っています。本当に申し訳ありません。

ジオクロス地盤改良工法

最近、忙しくて夜更かしすなどると、夏バテも重なってか体調を崩しやすくなります。ですので、一時期行っていたサイクルに戻すことにしました。夜の9時過ぎには寝て4時過ぎには起きる、というサイクルです。このサイクル、一日のとらえ方の意識改革ができるとかなり効果があるんですよ。

朝4時~7時 ⇒ 午前だと考える
朝8時~12時 ⇒ 午後だと考える
午後1時~ ⇒ 午後続きか、または夕方だと考える

朝4時から7時までを『午前中』だと考えられるぐらいに仕事に集中できるかどうかが勝負です。絶対に誰にも邪魔されないのがミソですね。子供にも邪魔させない、という決断も。あ、いや。実は、かなり成長して邪魔されることが殆どなくなったんですよ(^^;)

そんな生活、できるはずもないというお勤めの方や主婦の方にはご免なさい。事務所が自宅にあるからこそ出来るという恵まれた環境も功を奏しているんですよね。今後は、この習慣を元に効率アップを図っていきたいと思います。

2011-07-28 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

内装工事進行中

日光市内の東照宮への目抜き通り沿いで新築中の理容店さん。杉板の無垢材で壁を作っています。これが床屋さん?いえいえ。

実はこちらの床屋さんは、趣味で日光彫りを行うんです。しかも、ご夫婦による共同作業。奥様が絵付けをして、ご主人が掘ります。しかも、素人の趣味を大きく抜け出し、コンクールで一等賞を取る腕前です。その作品を展示即場鵜するためのスペースが写真の部屋です。

作品を展示する空間としては、民芸調でありたいなあと考えました。しかし同時に、純和風をイメージできるような内装にしたいと思いました。とりあえず板貼りをイメージしましたが、単なる板貼りでは洋風にもなりかねません。そのとき、大工の小曾根んさんがヒントをくれました。下野の軒天を指して『こういう仕上げもできますよ』と。これには私もピンときました。これだ、これで行こう。

内装工事

かくして作戦は成功しました。貼ってみると、イメージ以上にイメージ通りでした。小曾根大工さんにお任せいしたのですが、板の目や色合いを考えてくれて、自然な風合いになるように配列を工夫してくれました。すぐれた庭などもそうですが、自然で美しく見える空間というのは、実は製作者が相当に考え苦心して作り上げているものなんですよね。

住居部分になる2階では、塗装工事を終えたので内装屋さんが施工に入りました。クロスを上手に貼ってくれる斉藤内装さんです。早速、パテ処理の前段階の、寒冷紗貼りなどの作業をしてくれています。

内装工事

クロス貼りですが、イメージは既に建て主さんと共有しています。今年の3月に完成見学会を行った、平ケ崎の家のイメージになる予定です。住宅部分も、随所に工夫を凝らした、素敵な空間なんですよ。完成したら、ぜひ、皆さんに見に来ていた抱きたいと思っています。

2011-07-23 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

地盤調査報告書

先日の地盤調査報告書は、写真のような体裁で作成されます。いつもお願いしている調査会社によるものです。建て主さん用と渡辺建築工房用と、それからデータを収録したCDが1枚。厳密な調査に基づく結果は、厳密に解析され、それに従った基礎の施工を行います。

地盤調査報告書

地盤補強工事が必要になったことと、思わぬ台風の来襲で着工を遅らさざるを得なかったことが重なり、お盆前に予定していた建て方工事は、お盆明けに変更することになりました。

着工

今日から本格的に着工した現場の様子です。地域一帯の地盤が芳しくないことから、歩道もかなり傷んだり波打っています。歩道さえも、これ以上傷めないための養生をしたりして、細心の注意を払いながらの工事となります。地盤改良のための大量の土の搬出や、大量の砕石の搬入などもあり、ダンプカーが安心して乗り入れできるように鉄板養生も欠かせません。こうした準備をしての後に、水盛遣方という作業から始めたのでした。

2011-07-21 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

新築住宅の外観

新築中の床屋さんの店舗併用住宅です。今まで外部の足場にブルーのネットが張られていましたので、外観が良く見えませんでした。一昨日、台風の接近に備えて、足場が強風に煽られることがないようにネットを柱に縛りつけたため、建物の外観が良く見えるようになりました。

床屋さんの家の外観

建て主さんの要望で、白黒ツートンカラーの外観を希望されていました。その条件で、なおかつ日光市による景観保持のための指導に沿うようなデザインを施して設計したのでした。

本来は足場を撤去してから初めて外観の全貌が見られるため、楽しみにしていたのですが、台風のために早くお目見えする結果となったのでした。はたして建て主さんの希望に添えるデザインになっていたのかどうか、私としては最もが気になるところでした。

床屋さんの家の外観

私:『どうでしょうか?外観はイメージ通りだったでしょうか?』

奥様:『もう、バッチリ。とても素敵。』

私:『それを聞いて、ホッとしました。嬉しいです。』

奥様:『ご近所からも、立派だねねって言われて・・・。帰る時に、車で2回も前を通って見ちゃったのよ。』

というように、嬉しく語る奥様。ああ、良かったあ。

2011-07-21 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

地鎮祭

今日は大安吉日。先日、地盤調査を行ったお宅の地鎮祭を行ました。お寺さんの地鎮祭というのは、今回が初めてです。今日も灼熱の太陽光が容赦なく照り付けます。しかし、雨が降ったり、それに伴って地面がぬかるむ事を心配するよりは良かったと思いました。

地鎮祭

いよいよ本格的に掘削開始なのですが、明日からは台風の影響が予想されています。加えて、まずは軟弱地盤のための対策工事から行わなければなりません。しかしこれについては、万が一の最悪な事態を想定すれば、やむを得ない『保険』というべきものでしょうね。実際に、それによって地盤保証もされるようになりますので。これから家を建てられる方は、地盤調査の結果によっては、50万円以上100万円以下を目安に地盤改良が必要な場合があり得ることを念頭に置いてくださいね。(そういう土地にあたる割合としては、決して多いわけではありませんが)

2011-07-18 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

地盤調査

日光市内の某所です。先日、これから新築するお宅では地盤調査が行われました。今回の地域は、特に慎重な判断が求められる場所です。きちんとした調査及び、必要に応じた対策を行わないと、不動沈下が容易に想像される場所なのでした。

地盤調査

いつものとおり、スウェーデン・サラウンディング方式ではなく、表面探査法という物理的な調査方法で行います。簡易的なスウェーデン・サラウンディング方式より精度の高い方法と言えます。今でもよく行われているスウェーデン・サラウンディング方式ですが、構造の専門家の方から『今はみんな機械で掘っているけれど、本来は経験者が腕に力を感じながら手で掘るものだ』と聞かされたことがあるのを今でも思い出します。それほどデリケートなものらしいですね。

表面探査法による調査では、写真のような重い機械を人工的に振動を発生させて、直下の地盤状況を正確に把握していきます。建物の四隅及び中心の合計5か所での測定です。

地盤調査

いつもお願いしてる調査会社さん。この日も炎天下で、ご夫婦で頑張ってくれました。写真は、車の荷台にセッティングされたモニターを睨んで操作をしているところです。この季節は、写真のように日傘がないと大変ですよね。

地盤調査

結果は間もなく出ます。その結果を踏まえて来週の火曜日から本格的に工事が始まります。

2011-07-15 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed