木の家づくり日記

大工さんの仕事納め

今月は日記の更新がままならなかったことが大反省ですね。楽しみにしていただいてる方々にお詫び申し上げます。

さて、先日はユニットバスの施工が行われました。今回のユニットバスのインテリアは、とても思い切ったデザインですよ。ブラック基調の床廻り及び浴槽があって、壁をライトな木目調で仕立てました。この組み合わせ、汚れの目立ちを気にしている私とは裏腹に、建て主さんの並々ならぬ嗜好が生かされているのです。なかなか素敵ですよ。これはもう、見学会でのチェックポイントの一つですよね。

いつもの通り、施工前にポイントとなる点を打ち合わせています。最も大切なポイントは、引き戸を水平に施工しないことです。これは意外に思うかもしれませんね。そんな指示を出しているのは、おそらくは渡辺建築工房ぐらいのものでしょう。しかしこれは重要です。何の指示も出さなければ、漠然と水平程度に仕上げらrます。場合によっては、引き戸の引き込み側が微妙に低くなる可能性もあるのです。実は、それが問題。微妙な勾配であっても、何人も出入りしたときに、引き込みの奥の方の敷居に、行き場を失った水が溜まる恐れがあるのです。だから、わざと手前側が低くなるように、わざと『微妙な勾配』を付けてもらうように指示しているのです。そうすればスムーズに排水されますので、水が敷居にたまる心配がなくなるという訳なのです。以前に失敗したことがあり、壁を剥がして再施工した経験からそのようにしているのです。

ユニットバス工事

今日も良い天気です。板金工事の原田さんが、破風板と呼ばれる、屋根下の部材をガルバリウム鋼板で巻き込む施工をしました。いつもながら丁寧な施工です。しかも、壁際端部のおさまりには、雨で壁を濡らすまいとする工夫も欠かしていません。とても信頼ができるんですよ。

板金工事

内部では、大工さんによる造作工事が進行しています。窓枠も、天然無垢板の杉材で施工しました。シラタ、と呼ばれる白身の綺麗な木材を調達して加工しています。なかなか、味わいがありますよね。壁が仕上がったら、もっと引き立ちますよ。

無垢材の窓枠

さて、今日は大工さんたちの仕事納めです。だから綺麗に整頓しています、と言いたいところかもしれませんが、いつもきれいに整頓されているので、現場はとても気持ちが良いんです。

室内

外部の状況です。外壁工事も、年が明けたらいよいよ本格的に施工が始まります。そして1月下旬には足場も外れて、全貌が現れます。とてもチャーミングな建物になる予定です。こちらも楽しみにしていただきたいと思います。

外観

新年からは心機一転、日記も内容を充実させて更新していく予定です。プロだから当たり前と思うようなことでも、日記を楽しみにしてくださっている大半の方々にとっては、すべてがまったく分からないことばかりだと思います。また、以前に書いたことがあるような内容であっても、お伝えする価値はあるのだと考え直しましたので、躊躇せずにどんどん書いていこうと思います。ご期待下さい。

2010-12-28 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

換気システム

住宅の快適環境性能に欠かせない装置の一つ。24時間計画換気システム。渡辺建築工房で採用しているのはアルデ換気システムである。この換気システム、第3種と呼ばれる換気システムのなかでも、特に信頼できるもので、価格も安いとは言い難いものである。しかし、住宅のの快適環境性能を実現するために必要不可欠なシステムとあれば、構造強度と同様にケチるわけにはいかないものである。

アルデ24時間計画換気システム

24時間連続換気システムも、今でこそ法律によって新築住宅には義務化されてはいるものの、製品の性能もピンきりだし、その必要性については驚くほど業界内でも意識レベルが低い。建築確認申請の都合上、とりあえず最も安価なシステムを取り付け、しかも住まう人の判断でスイッチを切れるようにしておく。そのような風潮が、まだまだ一級建築士の世界でも一般的に解釈されているようなお粗末な現状である。

アルデのような第3種換気システムを誠実に運転されている家に住みなれると、それを入れてはいないような、一般世間ではまだまだ圧倒的に多い家に行くと、例外なく家の中の匂いが気になるようになる。公共の建物とても例外ではない。それほど今どきの建物内部の空気環境が汚染されていることを実感するようになるのである。

2010-12-19 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

気密測定

またまた久々の更新となりました。着々と進行中の新築お宅。本日は気密測定という、一般の方には聞きなれないであろう作業を行いました。写真をご覧ください。木造住宅には似つかわしくないような、見慣れない風景ですよね。実はこれ、建物の気密性能を測定するための機械セットなんです。右側の筒状の機械から強制的に空気を排出し、その流量と建物内外の圧力差から建物の気密性能を評価する、という試験なのです。

気密測定器

ただ単純に評価するだけではありません。この試験を行うことによって目視では発見できない気密施工上のウィークポイントを探し出し、そこを気密部材で気密化をしていくという重要な作業をするかる事に意義があるのです。ですから、完成してから試験をしても、あまり意味がありません。その時点で悪いデーターが出たとしても、対処のしようがないからです。

気密測定風景

測定は、東京から気密測定専門業者の方に来ていただいて実施しましています。いつもお願いしているのは有限会社コンフォートさんです。今回は、機械を回しながら約1時間程度の処理作業をおこないました。木造の高断熱高気密住宅に携わって16年になる私としては、今回のお宅も満足のいく性能に仕上げることができます。

2010-12-14 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

外壁下地の工事

日光市で新築のお宅では、外壁の準備も着々と進んでいます。白い紙のようなものは、透湿防水シートというものです。内部で発生した湿気は外に逃がしますが、外部雨水を内部に通すことはありません。水分が一方通行という、魔法のシートなんですよ。一度、小曾根大工さんと水道水で実験をしたことあります。外部側を上にして水を張って暫らく観察しましたが、水は漏れることがありませんでした。逆向きにして同じ実験をすると、ほどなくポタポタと水が漏れたので、本当に一方通行なんだとなあと二人で驚いたものです。

外壁下地

縦に木が打ち付けてありますが、通気層といって、内部からの湿気を閉じ込めずに逃がすための空気層を作るために、このような施工をするのです。

下の写真は、軒天井といって、屋根裏側の写真ですが、通気層が軒天井の内部に貫通しています。このようにして軒天井から外壁通気層へと連続した通気空間を作ることが施工のポイントとなっています。これも見落としがちですが大切な事なんですよ。

軒天への通気

玄関ホールです。いつもきれいに清掃されて整理整頓されていますね。

玄関ホール

小曾根大工さんが作ってくれた、臨時の下駄箱なんですが・・・。何か書いてありますよ(^^)

下駄箱

う~ん、やる気が伝わってくる、素晴らしいコメントですね。みんなを励ましているのかな?

下駄箱のコメント

これもスリッパを上げないと見えないコメントなんですが、遊び心満点の大工さんです(^^)

下駄箱のコメント

再び、外側を見てみると、外壁を2種類貼ってありますね。これは、建て主さんが一応選んでいただいた壁(下側)にクワへ、参考のために濃いめの色のものを一緒に原寸大の本物の壁を張ってみて、最終確認の助けにするために行っているものです。忙しい建て主さんに、時間が空いたときに確認していただきます。

サイディングの確認

今回の外壁は、塗り壁風のサイディング。施工業者さんのアドバイスもいただき、継ぎ目の目立たない、ナチュラルな仕上がりのものを選びました。それにしても、なかなかリアルな『コテ波』ですよね。最近のサイディングは、表情がなかなかのものですね。恐れ入りました、という感じです。

外壁詳細

壁の仕上がりが楽しみです。養生ネットで全体像が分かりにくいのが残念ですね。でも、それだけ足場を外した時の楽しみが倍増するので良しとしましょう。

2010-12-04 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

一週間の進ちょく状況

12月になりましたね。今日は、一週間まとめての進ちょく状況ダイジェストです。

一週間の進ちょく状況

ベランダでは、FRPによる防水工事を行いました。床面は平らではありません。縦方向及び横方向、どちらにも50分の1の勾配で、雨水を外側に誘導しています。また、2階屋根の雨水も、一部こちらで処理するため、専用の排水溝も設けており、ベランダの汚れが最小限になるように工夫しました。壁部分の立ち上がりも、既定は25センチ以上ですが、30センチ以上で施工しました。

一週間の進ちょく状況

中へ入ると、小曾根大工さんが作ってくれた下駄箱が完成しています。この下駄箱、スリッパを取ると、コメントが書いてあるんですよ。相変わらず茶目っ気たっぷりな大工さんですね(^^;)

一週間の進ちょく状況

その小曾根さん、手伝いの大工さんと一緒にサッシを取り付けています。写真はリビングに面した掃き出し用のシャッターサッシ部分です。

一週間の進ちょく状況

バッテン状に施工されているのは、居間とダイニングを仕切っている部分の筋交いです。目がきれいな木材を選びました。端部はボルトを貫通させてがっちりと固定っせています。部屋が完成した後も見え続ける構造材です。

一週間の進ちょく状況

そして吹付断熱工事を行うための、養生作業が着々と進みます。この日記を書いているころは、すでに吹付工事が完了しています。

一週間の進ちょく状況

断熱材を貫通させるために、先行配管させているCD管。電気工事の一つで、管の中に電線を配線するためのものです。

一週間の進ちょく状況

ちょっと恥ずかしげに写っているのが電気屋さんの福田さんです。とても丁寧できれいな配線だと思いませんか?

一週間の進ちょく状況

階段が取り付けられる前の、階段吹き抜け部分。今のうちしか見ることができない、ダイナミックな空間ですね。

一週間の進ちょく状況

今年も残すところ僅かに一か月となりました。気を引き締めて最後まで無事故で頑張りましょう。

2010-12-01 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed