木の家づくり日記

内装床貼り工事開始

梅雨が明けてから、本当に暑い日が続きますね。雨が降らないのは助かりますが・・・。
那須塩原の現場では、外壁サイディングの施工が着々と進んでいます。

外部の状況

玄関から中に入ってみました。いつも整然としていますね。
小曾根大工さん、本当にお疲れ様です。

その小曾根大工さんが、今度も臨時の下駄箱を作ってくれました。
ところで大工さんは、どこへ行ってしまったのでしょう?

内部の状況

実は、2階で床のフローリングを施工中なのでした。写真は先週土曜部の撮影なのですが、丸鋸(まるのこ)と呼ばれる道具で、器用にフローリングをカットしていきます。

床フローリング加工

そして下の写真は、今日の午前中の施工状況です。ホールから寝室までやウォークインクロゼットなど、連続して張っていきます。かなり神経を使う必要があるところですね。

床フローリング施工状況

今回のフローリングは建て主さんのご要望で無垢材ではありませんが、表面に天然素材を貼った上にウレタンを10回塗りしたている、超耐久性フローリング材を採用しました。

2010-07-26 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

外壁サイディング貼り開始

前回の更新から一週間が経ってしまいました。紹介する写真も、二日前のものです。

今回の外壁は、クボタ松下電工の窯業系外壁材です。『アセッツ15』という名称なのですが、新商品ながらとても人気が高く、なかなか生産が追い付いてないそうです。先日、やっと製品が届いたので、早速の施工となりました。

今やこれも当然の常識なのですが、通気工法であり、しかも金物止め工法です。写真のように、一番下から順番に上へ上へと貼っていくのです。1枚のサイズは45センチ×303センチ。長さだけは構造下地の間隔に合わせてカットします。

外壁工事

下の写真は、梱包された金物です。メーカーの純正品で、今回の現場では1500枚以上使用することになります。最近、純正品でないもので、価格が約三分の一のものが出回っており、大手ハウスメーカーさんでも使われることが多いようです。しかし、万が一何かがあった時、純正金物が使われていない物件に関しては、外壁メーカーさんでは保証してくれません。大手ハウスメーカーさんなら、それでも対応可能なのかもしれませんが・・・。

クボタ松下純正金物

明日、現場に行く頃には、どの程度仕上がっているか、とても楽しみです。

2010-07-23 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

内装下地工事とユニットバス工事

那須塩原市の新築宅では、大工さんによる内装下地工事が始まっています。現在、2階の天井下地のボード貼り工事をしています。写真は、ベルックス・トップライト(デンマーク製)の周りを形作っているところです。

ベルックストップライト周り

居間の上は吹き抜けになっていて、勾配天井にトップライトが埋め込まれ、光が燦々と入ってくるようになっているのです。清掃のための開け閉めは手動ですが、ロールブラインドをソーラーバッテリーにより開閉させることができます。しかもリモコン付き。1階の居間からラクラク操作です。ガラスも、アルゴンガス入りのLO-Eガラス。これで夏の遮熱対策も万全ですね。

吹き抜けの勾配天井とトップライト

今度のお宅は、お風呂が2階にあるんですよ。写真は設置工事中のユニットバスを1階から見上げところです。なんだか面白いですよね。

ユニットバス工事

今度は2階から見てみましょう。ユニットバスの床が見えていますね。職人さんが、何やら水平器をあてがっています。実はこれ、正確に水平を出そうとしているのではありません。

ユニットバス工事

実は、入り口の引き戸がつくところで、ほんのちょっぴりだけ、一定方向に傾くようにお願いしているのです。そうすることで、戸が引き込まれる方に水がたまることが絶対ないように対策をしているのです。

およそ水というものは、漠然と水平に施工すると、不思議なことに必ず『そっちへ流れたら困るな』というほうへ流れてしまうものなのです。よって、流れては困るほうのレベルは、見た目ではわからない程度であっても、必ず勾配をつけて上げないと危険なのです。

過去の失敗経験から学んだ教訓です。当時は壁をいったん壊して、入り口の修正をしました。壁の解体と復旧に大工さんが入り、その間にユニットバス屋さんがレベルの調整をし、そして内装仕上げ業者さんによって最終復旧という段取りでしたから、丸一日がかりの工事になってしまいました。無償で対応させていただいたのは申すまでもありませんが、お客様にもご迷惑をおかけしてしまったのでした。

2010-07-15 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

あった断熱リフォーム工事 見学会は終了しました

土曜日・日曜日の二日間行われました西方町金崎のあったか断熱リフォーム工事の見学会は無事に終了しました。たくさんの方のご来場、まことに有難うございました。

あったか断熱リフォーム工事

※ お客さんの姿が、まったく写っていません。来客中は御案内していますので、撮影はとても難しいのです(言い訳ですが・・・)

2010-07-11 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

気密測定

那須塩原の家。東京から専門業者さんに来ていただいて『気密測定』が行われました。

気密測定

C値(隙間相当面積)が0.33cm2/m2。渡辺建築工房の記録をまたまた更新しました。

2010-07-08 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

断熱改修リフォーム宅のお披露目会(完成見学会)

7月10日(土)~11日(日)午前10時~午後4時 西方町金崎
会場は、東武金崎駅の近所です。近日中に案内地図を掲載します。

断熱改修リフォーム工事をさせていただいたお宅のお披露目会を行います。建て主さんのご厚意で、すでに引っ越しをされているにもかかわらず『営業のお手伝いでお役にたちたい』とのお申し出があり、お言葉に甘えさせていただく事になりました。

お披露目会の会場

外観は全く手を付けず、間取りの変更もほとんどなし。見えないところの断熱改修がメインの、高断熱高気密化リフォーム工事です。しかし、LDKには徹底的に凝りました。

 ・渡辺建築工房・自宅の床座空間の応用
 ・ご主人自ら調達したウォールナット無垢のテーブル板
 ・古材の梁を再利用による柱
 ・天井裏の梁に着色した古民家風のデザイン
 ・ウロールナットの無垢床材
 ・高床部分は無垢の杉板材に琉球畳
 ・クリナップのSSシリーズにIHクッキング

などなど・・・。元の姿がまったく想像できないほどに、見事に変身しました。その過程もじっくりご説明させていただけたらと思います。新築・リフォームをお考えの方には必見ですよ。是非、遊びに来てくださいね。

※ この見学会は終了しています。ご来場ありがとうございました。

2010-07-05 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed