木の家づくり日記

平成20年度、最後の日の仕事

お正月を迎えたのは、つい先日の事と思っていましたが、
いつの間にか3月31日になってしまいました。

明日は4月、新年度の始まりです。

思えばその昔の学生時代、この季節は必ず期待に溢れて満ち満ちていたものです。
そういう時代を思い出し、希望を持って力強く新年度を迎えたいものですね。

さて、渡辺建築工房の平成20年度の仕事納めは・・・

1.建替え新築計画中の家が日光杉並木街道の至近距離(官民境界から20メートル以内)にあり、午前中は日光市教育委員会に出向いて、計画案について再協議してきました。

その後、市の担当者から連絡があり、計画案は県の担当者レベルでの同意も得られたとの事で、正式な書類申請が上がり次第、文化庁へ諮る事になりました。

役所らしからぬ迅速な対応(失礼)に驚くとともに、感謝の気持ちが起きました。

2.早速午後一番で、お客様のところへ行きました。その旨を報告するとともに、今後の工程等について打合せをしてきました。

3.昨年に断熱改修工事をしたお宅で、ちょっとしたリフォーム工事があり、本日はその最終工程である珪藻土左官塗り仕上げをしました。

一昨日の大工工事と塗装工事、昨日の左官下地処理工事に引き続いての、本日の仕上げ工事です。

珪藻土を塗っているのは左官屋の萩原さん。御覧のとおりのイケメン職人さんです(笑)

左官工事

作業を見ていて、いつも思うのは「うまいなあ」という事。

実は、自宅兼モデルハウスを建築するときに、左官道具を買い込んで自分でも塗ったりした経験があるので、左官工事の難しさが少しは判るのです。

塗ったばかりの壁に鼻を近づけると、布海苔(ふのり)独特の香りがプンプンしてきます。私は、この香りが大好きなのです。

良い仕事と良い香りを確認し、心地よく今年度の仕事を締めくくったのでした。

2009-03-31 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

ストレス発散?という訳ではありませんが・・・。

世の人々は、溜まってくるストレスを発散できるような独自の方法を持っていると思います。

私の場合、それは何だろうと考えてみると、これです(写真) 本屋に行って、欲しいなと思う建築専門書10冊位をまとめて買い込むんです。

専門書籍 大人買い

今日も久々にストレス発散? してきました(^^;)
建築の専門書ばかり9冊、合計22,155円也(^^;)

レジに行ってドサッと置くときが快感の頂点なんです(^^;)
たぶん1年に2回ぐらいは、この快感を味わっていると思います(^^;)

もちろん、めたらやったら買っているのではありませんよ。今の自分が必要と思うものを一時間以上かけて吟味し、選りすぐって買うものを決めてくるんです。

世界の一流人の仕事を自宅に居ながらにして体験できる本は、とても素晴らしいものですね。

さあ、今夜もワクワク・ドキドキしながら楽しく勉強が出来そうです。

2009-03-25 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

照明計画について

住宅の照明については、以前に白熱灯の魅力と国の方針による今後の転換についてのコラムを書かせていただきました。

住宅の照明に高い演出生を求める計画においても、蛍光灯が主流になりつつあるのは省エネの観点からやむを得ない事と思われます。

それに関連して先日、照明器具メーカーにおける最新の開発動向を知る事を目的の一つにして、大光電機主催の照明セミナーに参加してきました。

照明計画

蛍光灯やLEDランプが省エネになるという根拠は以下の通り。

同等の明るさの器具別電気代の比較(毎日1時間点灯を1年間続けた場合)

白熱灯60W:430円
蛍光灯12W:100円
LED 8W: 60円

演色という事については、最近は電球色の蛍光灯というのも多くなってきており、色味もかなり良くはなっています。

ただし、蛍光灯の最大の欠点は調光出来ない、ということに尽きます。実は、調光できる蛍光灯も開発されてはいるのですが、性能が著しく劣るのです。

照明計画

蛍光灯は、最低でも見た目に50%程度までにしか光を落とす事ができないのです。その最低の明るさにおとした光は、相変わらず眩しい光でして、白熱灯の自然で繊細な光と比べる事ができないほどです。

ところで調光装置で減光させた白熱灯は、もちろんそれで電気代を節約できますが、良い事はそれだけではありません。電球の寿命も伸びるのです。

たとえば60%の明るさに落としただけでも電球の寿命が7倍にも延びるのです。そしてもっともっと光を落とせば、何万時間にも寿命が延びるんです。この事は建築の設計者を含めても、一般的にはあまり知られていません。そういう事を知っていて応用すれば、白熱灯も省エネ時代に即した効果的利用方法がまだまだあることが分かるでしょう。

以上の事から今後の住宅における照明計画のあり方が見えてきます。すなわち、絶対的な明るさが必要な主照明は蛍光灯(もちろん、電球色!)を使いつつ、場所や用途に応じて補助的に調光装置を併用した形で白熱灯を利用する、というものです。

補助的利用の、もう一つの照明器具がLEDです。

先ほど示した明るさと電気代の比較で示したとおりですから、将来はメインになるかもしれませんが、なにしろ器具代がまだまだ高価ですから、当面は補助的な利用しか望めないでしょう。

蛍光灯以上に演色性では劣るようです。セミナーの講師自ら、イケメン(^^)の顔を照らして見せてくれましたが、LDEで照らされ顔は、見事に青ざめて病的でした。

照明計画

しかし、これまた高額ではありますが、高演色型のLEDも開発されており、それで照らした顔はとても自然でしたね(上の写真がそうです)

ところで今回参加したセミナーは、照明計画のお手本だけではなく、多くの失敗例とその理由の解説もあり、とても勉強になるセミナーでした。

照明計画

もっとも、

一つの部屋の真ん中に一つの照明器具だけを設置。住宅用のカタログを見て、10帖なら10帖用。それで煌々と部屋の隅々まで照らす。それ以上の事は一切考えない。

という設計をすれは、それはそれで失敗のしようがありませんが・・・。

2009-03-23 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

リフォーム工事の見積り

今日、お客さんのところへ屋根の塗り替え工事の見積書を持参したところ、

「思ったより安いですね。」

という事で、すんなりと注文していただけた。

先日も別のお宅で、トイレのリフォームと洗面化粧台の交換工事の見積書を持参したところ、

「とても安くしていただきまして・・・。」と感謝され、注文していただいたばかりだったのに。

世間のリフォーム会社って、結構儲けているんだなぁと思ってしまった。

2009-03-19 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

パースデザインCADによるプレゼンテーション

建物のイメージを、お客様に正確に伝えるのは、とても難しい仕事の一つです。

最近は、パソコンの建築デザインパース・ソフトを使えるようになったので、様々な角度視点からのパースを短時間に提示できるようになりました。

今日も新築の設計打合せがあり、様々な角度からのパースを用意していきました。

CAD プレゼンテーション
最初のパースは、建物1階の内部を真上から覗いたところです。

ちなみに今回ご紹介する写真は、今日の打合せに使用した物ではなく、
とっくの昔(と言っても二ヶ月前)に没になったプランです。
現在、全く違う形に変身を遂げて、間取り計画は完成しつつあります。

パース CAD プレゼンテーション

少し斜めから見るとこんな感じ。

CAD パース プレゼンテーション

LDKのところに近づいて見てみましょう。

CAD パース プレゼンテーション

その他、床の視点に立って見たり、ウォークスルー動画も出来るのですよ。

便利な世の中になりました。便利すぎて機能の半分も使いこなせません(泣)

しかし、建築CADソフトを華麗に使いこなせるかどうかと、気の利いた設計が出来るかどうかは、
全く別問題なのであります(言い訳の強がり)

2009-03-19 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

住宅完成保証制度登録の更新

住宅完成保証制度

住宅完成保証制度の登録更新手続きが無事に通過し、登録証が送られてきました。

私は個人事業主であり、スリム経営のため一人で営業しています。

つまり、契約した工事が無事に完成してお引渡しをするまでは、全てを私一個人の力量に負っているわけです。

だから病気や怪我をすることも出来ません。したらお客さんはアウトです・・・

・・・という訳には行きませんので、万が一の備えとして加入している訳です。

(詳しくは、住宅完成保証制度のページを御覧下さい)

 

早速、玄関の掲示を入れ替えました ♪

住宅完成保証制度

これで終わりでは寂しいので、プチ・ハプニング談を一つ。
珍しく、トイレットペーパーを切らしてしまいました(笑)

住宅完成保証制度

それで久しぶりに、トイレットペーパー・ホルダーをまじまじと眺めたのでした。
それはスペイン製のお気に入りで、とても素敵なホルダーなのです(^^)

住宅完成保証制度

余談ですが、我が家のトイレには、スリッパや便器がいっぱいあります。

住宅完成保証制度

2009-03-14 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed