木の家づくり日記

お金がなくてタイルを貼れなかったが・・・

自宅兼事務所入り口の玄関ホールです。
当時はお金がなかったので、玄関にタイルを貼ることも断念したのでした。
しかし、ただのモルタル仕上げでは、あまりにも味気ないと思いました。
そこで、その辺に転がっている石を拾ってきて、所々に埋めました。
f0177571_9301958
たったそれだけなんですが、この仕上げが意外に好評なんです。
周りの雰囲気に合っているし、可愛いんだそうです。

しかし、一度もお客さんの家でお奨めした事はありません。
ちょっとした微細な「ひび割れ」でも、かなり目立ちます。
石を埋めるというのも難しく、どうしても写真のように周りが盛り上がってしまったりします。
f0177571_9302812
それでも構わない、安くなるならなお結構、と、建て主さんから申し出があれば、施工しますが。

2008-07-31 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

床仕上げの工夫による一体感

一度はご紹介したのですが、敷居がなくてスッキリした吊り戸です。
正面の建具、開けると向こう側にキッチンルームがあります。

f0177571_11171718

開けると御覧のとおり。手前の茶の間との一体感がグンと増しますね。

f0177571_11225786

敷居がなくて、床が繋がっている様子が分かるでしょうか。

f0177571_11254515

2008-07-30 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

階段の落下防止

我が家の階段。床からの高さが1メートルのところまで落下防止がありませんでした。
(建築基準法により許容されています)
1メートル以上のところには、ワイヤーが張られているだけです。
建てた頃は、子供ができている状態を殆ど想定できませんでした。
しかし、運良く子供ができて歩くようになったので、そうもいかなくなりました。

f0177571_156291

そこで、落下防止のための格子を作りました。
開放的で見た目も面白く、見に来ていただいたお客様にも好評ですよ。

f0177571_1561753

2008-07-28 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

目に鮮やかな緑の外構

先日訪れた宇都宮市Kさん宅の庭です。

f0177571_22135694

目にも鮮やかな芝生ですね。お忙しかったそうで、かなり伸びていました。
それにしても綺麗ですね。お手入れのし易さのためにも、
最初に芝生を貼るときに、丁寧に平らに貼ることが大切ですよ。

f0177571_5263192

敷石や花壇の縁石と芝生の高さの具合をよく御覧下さい。
芝生の方が高く伸びていますよね。
根元の高さを、縁石や敷石の高さに合わせて貼ったからです。
こうする事で、芝刈り機を縁石などの上も走らせる事ができるのです。
だから、芝刈りがとても容易になる訳なんですよ。

これがもし、芝生が敷石や縁石よりも低かったら・・・。
境目を全部手で刈らなければなりません。それはもう大変。

芝刈りの経験がある方なら、以上の意味が頷けると思います。

f0177571_22162213

2008-07-25 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

12センチという高さ(段差)について

昨日、久々にお邪魔した宇都宮市Kさん宅。左奥のダイニングに面して、リビングの畳コーナーがあります。畳コーナーの高さ(段差)は12センチです。なかなか絶妙な高さなんですよ。

12センチより低いと、低すぎて見栄えしません。従来の廊下から和室へ上がる段差よりも高すぎて作ってしまった、という印象になってしまうでしょう。

12センチ以上あれば、あえて作った段差という印象が保てます。この高さは、多少は足が弱い方でも上り下りが比較的容易です。

15センチ以上になりますと、足の弱わってきた人には苦痛になってきます。

20センチですと、階段を一段上がると同じ感覚ですね。小さいお子さんには、椅子代わりにもなる高さです。

30センチ以上の段差ですと、いわゆるバリアフリー基準で認められた段差(大人も椅子として利用を想定した高さ)になります。35センチですと、ゆったりとしたつくりの椅子と高さが同じぐらいですね。チョッと低めのダイニングテーブルにもぴったりです。

f0177571_113884

※バリアフリー基準では、30センチ以上40センチ以下ならOK。そういう基準に基いて割り増し融資を受けたければ、写真のような12センチの段差がある畳コーナーは御法度ということになってしまうんですよ。充分な広さがあれば構わないと思うのですが、杓子定規な基準ですね。

※段差なしだったらどんな感じになるでしょうか?こちらのお宅の計画では、すぐ左側がダイニングテーブルを置けるスペースになっています。もし置いた場合、段差がないと、かなり見上げるような感じになるでしょう。また畳に寝っころがった場合、すぐ横に椅子がある訳ですから、場合によっては危なっかしい存在に映るでしょうね。テーブルと椅子が同居する空間で畳にベタッと昼寝したい場合は、段差が必要なのであります。

2008-07-23 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed 

 

夏のしつらえ

パーゴラ(イタリア語でぶどう棚の意)にヨシズをのせました。
9尺×9尺が2本で3,160円でした。

※ヨシズをのせなかったら、その分のエアコン電気代の差額は幾らになるんだろう?

本当はツル性の植物で屋根を覆う予定でしたが、
忙しくて手入れどころではありませんでした。

f0177571_21304118

2008-07-23 | Posted in 木の家づくり日記Comments Closed